南房総は早場米の産地。
8月15日を過ぎれば早生の品種、
「ふさおとめ」の稲刈りが始まります。
国内を見ても宮崎に次ぐ早場米。
 

稲刈り

稲刈り

とうとう新米の季節がやってきました。
しかし世の中の流れはどうも新米ムードではなさそう。
市場は24年産のお米があふれていて、
市場価格は昨年産の新米スタート時よりも3,000円安なんて話。
1俵60kg生産者手取りで10,000円。
これじゃ生産者の意欲もなにもあったもんじゃないって話。
食べ物の価値が下がりすぎ。
外食産業は安いお米を欲しがり、
生産者が丹精込めたお米には見向きもしないのが現実。
結局泣き寝入り的に安い価格で我慢する。
「百姓と濡れ手ぬぐいは絞れば絞るほど出る」
なんて文句もあるぐらい。
家庭でご飯を食べなくなり外食メインの食生活。
この先いったいどうなることやら。
 

稲刈り

稲刈り

我が家の稲刈りも24日から始まりました。
無農薬無化学肥料で作り続けているお米。

今年は高温と水管理に悩まされましたが、
どうにか無事に稲刈りがスタート。
全部終わるのは9月中旬ごろ。

今年も農園のお米をよろしくお願いいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

facebook

2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

令和元年産無農薬米

令和元産米販売中♪ 農薬と化学肥料を使わずに大切に育てたお米です。 詳しくはこちらから 

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る