謹 賀 新 年

タネツケバナ アブラナ科

タネツケバナ アブラナ科

寒くても小さな花をたくさん咲かせている
今の時期のタネツケバナ(アブラナ科)ってとっても好きなのです。

1014年の幕開けです。

今年はどんな年になるのでしょうか。
野良仕事に関しては天候の安定がまず第一かな。
冬には冬らしく、春には春らしく、夏は夏らしく、秋は秋のように。
当たり前のことがとっても大切な事なのだと思います。
家族に関しては娘が反抗期真っ盛り。
まあ通るべき道なのかもしれないけれど、大変なのです。
家内の助産院もおかげさまで何とか知名度も上がり、
生む場所の選択肢として認知されて来ているようです。
そして家族が健康に過ごすことがなによりです。

1月2月は毎年体調を崩す時期なので、
健康に気を付けて野良仕事。
焦らず慌てず欲張らず。

春の豆たちが寒さに耐えながらも、
少しずつ大きくなっている姿を見ると、
私も少しずつ頑張らねばと思うのです。

田んぼのお仕事も少しずつ始まります。
寒い時季の田起こしをして田植えに向けて準備をします。

竹切りや落ち葉集め、薪集めと地味な仕事ですが、
来年、再来年に向けてのお仕事もやらねば。

今年一年皆様にとって良い年になりますように。

今年もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

有機米,無農薬米,関東,神奈川,東京,千葉,有機無農薬野菜の宅配農園,産地直送,オーガニック,受入農家