夏野菜定植床作り 2018年5月19日

 
 
 ナス科の夏野菜たちは生育期間が長くそれだけ栄養を必要とすのだけど、いきなり栄養(肥料)を与えると、体から臭いを発して、茄子の害虫ニジュウヤホシテントウなどの虫たちが沢山寄ってくるので、肥料は深い溝を掘ってそこに投入します。
 鶏糞やモミガラのたい肥を沢山溝に入れて土で蓋をして、そこにナスたちを定植します。
 自分の力で根を深いところまで張って、栄養を吸わせるようにする定植床作りです。
 

ナス科の定植床作り

ナス科の定植床作り


モミガラ堆肥

モミガラ堆肥


 
 夏野菜の定植、急がねば・・・。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

有機米,無農薬米,関東,神奈川,東京,千葉,有機無農薬野菜の宅配農園,産地直送,オーガニック,受入農家