稲刈り最盛期 年中夢究 2018年8月27日

 

 今年は稲刈りが順調に進んでいます。
 
 農園では21日の受託作業の稲刈りを皮切りに、8月27日現在2町歩ちょっとの稲刈りが終わっています。
 

順調に進む稲刈り

順調に進む稲刈り


 
 山名の原もだいぶ稲刈りが進み、もうあと2、3日もすればほとんど終わってしまうのではというぐらいの勢い。旧村内の千代(せんだい)や本織(もとおり)の原もどんどん稲刈りが進んでいます。
 

 
 順調な要因は20日の雨を最後にいいお天気が続いていること。前回の通信で心配していた台風は逸れたことも大きい要因の一つ。運営しているライスセンターの籾摺りされたお米を見ると、今年は未熟なものが多いような気もします。数年前からこの時期の大雨による刈取りの遅れなどを心配して、早く水を切る田んぼが多いのと、このお天気と気温により生育が止まってしまったものも多いのかな。未熟なものはくず米になってしまうので収量も全般的に少ないのかもしれません。
 
 我が家の稲刈りは始まったばかり。植えたのも若干遅いので、受託作業の稲刈りを片付けて、そのあとボチボチやろうと思っています。さらにそのあとは赤米やモチ米、長粒種のお米、プリンセスサリーの稲刈り(これらは掛け干しの天日乾燥)と続きます。
 
 まだまだしばらくは稲刈りモード全開。頑張ります。
 
 
 稲刈りモードでHPの更新が遅れています。すみません
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

有機米,無農薬米,関東,神奈川,東京,千葉,有機無農薬野菜の宅配農園,産地直送,オーガニック,受入農家