稲刈り後半戦ともち米、赤米、長粒種 年中夢究 2018年9月3日

 農園の稲刈りは前半戦が終了しました。 

稲刈り前半戦終了

稲刈り前半戦終了

 稲刈りしたお米はちょうど5月の連休に田植えをした苗たちで、約4か月で稲刈りを迎えました。夏の高温と水不足が心配されましたが、無事にお米になりました。今日(9月3日)の定期便から新米のお届けが始まりました。新米独特の炊き上がりの香りが楽しみです。

 台風21号が通り過ぎたら後半戦のスタートです。いいお天気がしばらく続くことが今の一番の願い。後半戦は5月15日過ぎ田植えをしたもので、生育は良好で早く植えたものよりも生育は良好で、台風の風雨で倒されないか心配・・・。
 

やっと穂が出揃った感じ

やっと穂が出揃った感じの長粒種のプリンセスサリー


 
 後半戦(約1町歩の稲刈り)が終われば、次はモチ米の稲刈り。天日乾燥のはざがけのお米です。今年初挑戦の長粒種のプリンセスサリーの稲刈りも待っています。香り米で有名なバスマティと日本晴という品種を掛け合わせて、日本で栽培できるようにしたお米で、長粒種の香り米です。晩生の品種らしく先日やっと穂が出始め、急遽ポンプアップで水を汲み、出穂を迎えました。稲刈りはいつになるのだろう???さらに毎年作っている赤米。こちらも穂が出始めたばかり。例年寒くなるころの稲刈り(>_<) 昨年は11月7日。まだまだ先のお話でなのです。    すっかりお米農家になっていますが、秋冬野菜の作付もがんばらねば。    来週の通信には8月28日に種まきして、今発芽したばかりの育苗中の野菜たちの写真を載せられればいいなあなんて考えています。    稲刈りが終わったら、気持ちを稲刈りモードから野菜モードへばっちり切り替えねば・・・。    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

有機米,無農薬米,関東,神奈川,東京,千葉,有機無農薬野菜の宅配農園,産地直送,オーガニック,受入農家