秋冬野菜の播種 年中夢究 2019年8月16日

 
 
 8月中旬になると秋冬野菜の育苗や播種が始まります。
 
 南房総、特にここ三芳地区は、この時期台風でも来ない限りは雨が降らないのです。
 
 カラカラお天気で雨待ちの状態。
 
 田んぼの稲は梅雨時にたっぷり降った雨のおかげで堰水も川水も十分すぎるほどあるから、今年は稲の水の心配は無かったのですが、畑はカラカラ。
 
 台風10号が西日本に上陸して被害が出そうな感じなのですが、こちらではちょうどいいお湿り程度(とはいってもかなりまとまった雨)の雨が降り、この雨を逃さずに人参やカリフラワー、ブロッコリーを播種しました。
 

人参播種

人参播種


人参播種

播種後はモミガラで覆土
人参の種は好光性なので、陽の光を感じられるようにもみ殻を使います


 
 梅雨明けと同時に畑に透明マルチを張って太陽熱消毒してある場所に播種です。あの焼き付ける太陽で草の種や病原菌など死滅させて播種床を作りました。約2週間太陽熱消毒をしたので雨前にマルチを剥がし播種。ちょうどいいタイミングで播種できて発芽が楽しみです。
 
太陽熱消毒

太陽熱消毒


 
 下旬になれば大根なども播種。キャベツや白菜などの育苗も始まります。
 
 たぶん稲刈りと同時進行。今年も忙しくなりそうです・・・(>_<)       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

有機米,無農薬米,関東,神奈川,東京,千葉,有機無農薬野菜の宅配農園,産地直送,オーガニック,受入農家