シロバナサクラタデ タデ科 2020年7月22日

 タデ科のシロバナサクラタデ。
 
シロバナサクラタデ タデ科
 田んぼの畦際で咲く、白い小さな可愛らしい花ですが、草刈りせずに大きくなると、結構な存在感が出てくる草です。
 まめに草刈りして、小さくこじんまり咲いているくらいがちょうどよい。 
 
 花言葉は「愛くるしい」「優雅な清楚さ」「幸運」など。
 
 じめっとした梅雨時に、田んぼの畦際でこの花に出会えると、この花言葉がちょうど良く思えます。
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

ピックアップ記事

  1. 男爵
    5月の終わりごろは確か梅雨入りしちゃいそうな天気図と空模様が続いていて、これはかなりやばい状態かな?…
  2. イワイノダイチ刈り取り
       関西方面では梅雨入りして、あわや関東地方も梅雨入りか!?みたいなお天気が続いて、今年は麦はダ…
  3. ミズカマキリ
    田植えが終われば田の草取りです。 今年は田んぼの草が多く出ていて、ちょっと苦労しそうな予感。最…

facebook

2021年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る