新米のお届けが始まりました。
 今年の稲刈りは例年より一週間早いスタートで8月20日から始まり、天候に恵まれ、前半戦は無事に終了しています。今は受託作業(他の人の田んぼの稲刈り)をやっています。
 
稲刈り進行中
 コンバインでの稲刈り。今年のスタートは8月20日。例年より一週間早い。
 
 お米の出来はやはり長梅雨の日照不足の影響が出ていて、ちょうどお米の花の開花期がずっと雨。さらには梅雨明けしたとたんにカラカラ天気で雨降らず。一気に高温条件になり水がなくなり、稲にとっては厳しい生育状況だったのだと思います。そのため収量は例年の7割ぐらい。今年は獲れたという話は全然聞かないので、全体的に収量は減っているようです。
 
 一般的な米価はコロナの影響で外食産業の需要が減り、在庫を抱える卸しが多く、昨年の米価より1,000円落ち。収量も少なく米価も下がれば生産者としては大打撃です。お米の質は悪条件だった割には良い感じで、稲刈り中の雨がなかったのが幸いしています。
 

 ジャスミンライスなどの稲刈りは11日以降の予定。天気が心配(T_T)
 
大根播種
 大根や人参を播種。隣では秋野菜の育苗も始まっています。
 
 コンバインでの稲刈りは9月10日頃で終わり、そのあとはジャスミンライスなどの特殊米?のお米の稲刈りが待っています。秋冬野菜の育苗や人参、大根などの栽培も始まりました。周りを見渡せば稲の残っている田んぼを農園の田んぼばかり・・・。まだしばらくは稲刈りモード。忙しさはしばらく続きそうです・・・(>_<)  

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

facebook

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る