長かった梅雨が明け、夏の太陽が戻ってきた。日曜日に裏山の金毘羅山の山掃除(草刈り作業)をやりましたが、見渡す限り、夏の空が広がっていて、吹き抜ける風は暑いけれど、からっとしていて気持ちいい。
 
金比羅山から夏空
 金比羅山から夏空が広がる白浜方面
 
 田んぼの稲は長い梅雨だったので、生育が悪く、収量も減るような感じ。日照不足やこれからの照りでまだまだ心配事はありますが、雨が上がっただけでもうれしい。田んぼが乾かなければ、稲刈りも出来ない。このお天気でようやく田面が乾き始めてきました。このままいけば盆明けの17日頃から稲刈りが始まりそう。今年は播種してのも一週間早かったので、生育もその分早いはずです。あとは台風がいつ来るのか?昨年の15号のような台風が来てしまうともうお手上げ。昨年はちょうど稲刈り終盤戦だったので、今年は昨年のような台風が来る前に稲刈りを終わらせてしまいたい。
 
イノシシ対策の電気柵
 
 それと今からはイノシシの季節?でもあります。すでに我が家の田んぼでも被害が出ていて、ほぼ全部の田んぼに電気柵を張っています。まだまだ心配ごとは尽きません・・・(>_<)  

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

facebook

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る