うるちの稲刈りが終わり農園ではもち米やジャスミンライスなどの特殊?なお米の稲刈りをやっています。

 これらのお米ははざ掛けの天日乾燥なので、コンバインのように一気に終わるわけではなく、稲を刈って、ナラシにかけて、天日で干して、脱穀してやっと籾の状態になり、さらに乾燥度合いによっては、天気のいい日にシートなどに広げて水分を落としてからの籾摺りになります。
 
もち米天日乾燥

もち米天日乾燥

 9月中旬を過ぎ、台風や秋雨前線の影響を受けて、作業が中々進まず、モヤモヤする日もありますが、こればっかりはお天気次第なので、秋晴れを待ってじっくり取り組みます。
 
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

facebook

2021年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る