イノシシ捕獲
同じ日に2頭捕獲!

 農園がある場所は南房総の山間部。中山間地と言われる地域です。今この地域でとても深刻な問題となっているのが有害鳥獣の被害。令和元年の南房総市のイノシシの捕獲数は3500頭を超えています。ここ三芳地区でも405頭の捕獲数。私も狩猟免許(わな)をもっているので、何箇所かわなを仕掛けてあります。
 今年は赤米の田んぼがイノシシの侵入でほぼ一晩で全滅。収穫間際の稲が全部潰されてしまいました。山間部の田んぼだったのですが、電気柵を張ってあってもダメでした。さらに近くの大豆の畑でもイノシシの被害があり毎夜毎夜枝豆を食べに来ているようで、被害はどんどん大きくなっていました。この畑や田んぼの近くに仕掛けた箱罠に1頭、くくり罠に1頭かかりました。荒らしていたイノシシだと思うのですが、まだまだいるようです。しばらくは警戒して出てこないかもしれませんが、油断はできない状況です。一体どれぐらいの数のイノシシがいるのだろう??
 大豆だけは守らないと、味噌が作れなくなってしまいます。また罠を仕掛けねば・・・。
 
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

facebook

2021年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る