道具や機械 更新しなきゃ 年中夢究 2015年4月20日

 
 農業を始めて18年。身近で一番使う道具が、だいぶ使い込まれてきて、新しいものに買い替えることにしました。三芳に来て一番最初に買ったのがステンレスの鍬。今でも現役で使っているのですが、一番鋭く尖っていて欲しい耳の部分がすっかりすり減り、草を削るとか作業内容によっては、用をなさなくなってきました。18年の間、鉄の鍬も使っていましたが、やはり手に馴染んできた、この鍬が一番いい。鍬を新調する際、古い鍬の柄も交換し、こちらは塗鍬として使う。ホソという細長いスコップも新調した。
 

鍬

 考えてみたら、道具や機械が相当ヤバい感じ。軽トラックは16万キロ、軽バンは13万キロ、トラクターは1,065アワ、コンバインは650アワ、その他ポンプ、耕運機、管理機等はだましだまし使ってる感があります。考えただけで怖い。一気にみんな動かなくなって、何も出来なくなっちゃったりー。少しずつ更新していかないと・・・。
 
 
 とりあえず手軽だけど、思い入れは大きな鍬を更新です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

有機米,無農薬米,関東,神奈川,東京,千葉,有機無農薬野菜の宅配農園,産地直送,オーガニック,受入農家