「有機農園ねぎぼうず」って、どんな農園?

農園があるところは房総半島の南部、千葉県南房総市三芳地区(旧三芳村)、都心から車で1時間半の場所。

今なお昔ながらの農村風景と自然が残る豊かな場所です。

私がこの地に新規就農したのは1996年12月。

縁あってお世話になった方(百姓屋敷じろえむ)の紹介で農地を借りて鍬一本から農業を始めました。

就農して以来一切農薬と化学肥料を使わずにお米と野菜を作っています。

約20年無農薬無化学肥料の旬の野菜セットの宅配を続けていましたが、管理する田んぼの面積がここ数年劇的に増え、現在旬の野菜セットは休止中です。

田んぼの面積が増えた要因は農家の高齢化、担い手不足によるものです。

まだまだこの先も田んぼの田んぼの面積が増えることが予想されます。

ここ三芳の地は重粘土質土壌でお米の美味しい地域です。

お米の味を決めるのは土質と言っても過言ではありません。

県内でもトップレベルの美味しいお米の産地として隠れた人気がある地域でもあります。

栽培面積は4町5反。この面積を無農薬無化学肥料で栽培するのはなかなか難しい。

でも農薬と化学肥料を使うつもりは一切ありません。使うぐらいなら草ぼうぼうでも構わないという考え方。

不思議と慣行栽培から2年ぐらいたつと草の数も減り生き物たちが多い賑やかな田んぼに変わってきます。

無理することもありますが、そういった変化を体で感じて、その田んぼが賑やかになることが嬉しいです。

お米の販売は生産法人、個人宅配、保育園など。

家族は妻と娘。犬(クッキー)と猫(トラとウメ)。

妻は助産師で「助産院 ねむねむ」を経営しています。

娘は大学生。

とにかく農薬と化学肥料を使わずに作り続けているお米と野菜。

そしてこれからもずっと農薬と化学肥料を使わずに作り続けていくつもりです。

2020年6月

 

 

 

食べ物を作る姿勢    どうして農薬を使わないか

 

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

農園通信 年中夢究

  1. 枝豆
    枝豆の旬といえばビールのお供ってことで夏をイメージしがちですが、本来大豆の若取りである枝豆の旬はちょ…
  2. 大豆の若取り 枝豆
    台風16号は勢力を維持したまま暴風域を伴って関東地方の近くを通過していきました。 結構遠い場所を通…
  3. プリンセスサリー稲穂
    コンバインでの稲刈りがほぼ終わり(ほぼというのはまだ仲間内の田んぼが秋雨で入れずに残っているため、い…
  4. コンバインでの稲刈り
    農園の稲刈りは8月24日から始まりました。 稲刈り直前にまるで梅雨末期のような雨が続き、ひび割れて…
  5. 水が抜けず乾かない田んぼ
    稲刈り直前の8月中旬、例年なら台風でも来ない限り雨など降らないで、ちょうど人参などの播種時期に当たり…
  6. 台風の影響で傾ぐ稲
    8月中旬お盆が過ぎれば稲刈りが始まります。 農園のお米は昨年より作付けが1週間遅かったので2…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る