海老敷六代の田んぼは天水田。
沢水と雨水でほぼ米作りができる。
どうしても足りない時には、近くを流れる水路からポンプで水を汲み上げます。
山にも近く、いろいろな生き物たちがが集まってくる、そんな場所だと感じています。
昨年はお目にかかれなかった、シュレーゲルアオガエルも山?から下りてきて、田んぼの畦や水路の際に沢山の卵塊を産み付けていました。
 

シュレーゲルアオガエル

シュレーゲルアオガエル

 

基盤整備がされていない中山間地の変形田(四角くない)。
畦は恰好の産卵場所なのかしら。
この田んぼはツキミモチを植える予定で、前年も同じくツキミモチ。
肥料は米ぬかのみで、先日ぬかるむ田んぼに米ぬかを散布。
 

米ぬか散布

米ぬか散布


 
米ぬか散布

米ぬか散布

なかなかの重労働。
その後は機械で水止めと荒代かき。
 

六代の田んぼ荒代かき

六代の田んぼ荒代かき

 
 
土の中にいた虫たちやカエルたちを狙って、サギなどの鳥たちが沢山集まってきました。
さらに夕方になるとカエルたちの大合唱。
ザリガニやカエルなど比較的、目に留まりやすい大型の生き物たちがいるってことは、彼らの胃袋を満たすだけの生き物たちがうようよいるってこと。
そして彼らが住んだり、卵を産み付けたりする場所として選んでくれている。
 
私はこういうのが大好きで、田んぼは賑やかなほどいいと思っています。
 
季節季節でいろんな賑やかさを感じられる田んぼで、お米は育っています。
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

農園からのお知らせ

令和5年産無農薬米 販売開始!!
コシヒカリとササニシキ
ジャスミンライスとツキミモチも

無農薬無化学肥料のコシヒカリとササニシキ
低温貯蔵(15℃~16℃)

農薬と化学肥料を使わずに大切に育てたお米です。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 



どうして農薬と化学肥料を使わないのか

農園通信 年中夢究

  1. 海老敷的場のササニシキの田んぼで、朝仕事のチェーン除草
    めちゃくちゃ忙しい田植えの時期。 特に私たちみたいな、農薬化学肥料を使わない作り方だと、どうし…
  2. チェーン除草始まりました。
    4月23日から始まった前半戦の田植えは29日でコシヒカリを植え終わり一旦終了。 怒涛の田植えウ…
  3. シュレーゲルアオガエル
    海老敷六代の田んぼは天水田。 沢水と雨水でほぼ米作りができる。 どうしても足りない時には、近くを…
  4. 緑化が進みしっかりしてきた稲苗
    3月22日に播種したコシヒカリ600枚が無事に発芽しました。 この時期の悪天候は本当にひやひやもの…
  5. 籾播き
    3月21日、22日は今季一回目の籾播きでした。 21日は育苗の共同作業している仲間分でコシヒカ…
  6. タンクで浸種
    今年もいよいよ本格的に米作り始まりました。 まずは種もみの温湯殺菌(消毒)です。 温湯消…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る