梅雨の最後の一雨を・・・ 年中夢究(特別号) 2016年7月26日

 
 ここ南房総は梅雨が明けるとカラカラ天気になってしまいます。
 県北や北関東のように夕立や雷雨なんてめったに降らない地域。まるで地中海性気候のように乾いた乾燥した夏が、秋雨前線がなんかしてくるまで続きます。もしくは台風の雨が降らない限りはお湿りはナシ!みたいな地域です。
 

梅雨の最後の一雨かしら

梅雨の最後の一雨かしら


 
 26日、27日の天気予報の雨マークがきっと梅雨の最後の一雨になるだろうなあって思い、人参の第2弾、大豆、黒豆の枝豆分、秋冬のキャベツ、カリフラワーなどの種を播いたり、梅雨明けをにらんでその水分とともに太陽熱消毒用のマルチを張ったり・・・
 
冬キャベツなどの育苗床

冬キャベツなどの育苗床


太陽熱消毒用マルチ張り

太陽熱消毒用マルチ張り(8月末、9月末の育苗床づくり)

 涼しくなった夕方には畦の枯れ草を燃やして燻されて・・・(>_<) [caption id="attachment_5277" align="alignnone" width="800"]枯れ草燃やし 枯れ草燃やし[/caption]
 
 お天気見ての野良仕事。予定なんてあいまいなもんです。
 でもお天気に左右されて、一喜一憂する。いいんだか悪いんだか分からんけど、そこにいて、それに従うしかないもんね。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

有機米,無農薬米,関東,神奈川,東京,千葉,有機無農薬野菜の宅配農園,産地直送,オーガニック,受入農家