夏野菜が獲れ始めました 年中夢究 2018年7月5日

 

夏野菜が少しずつ取れてきました。
 
 まだ一番果を摘果するぐらいなのですが、今年はすべて自家採種のナス科の野菜たちなので、成ってくれただけで一安心。
 

四葉と四川

四葉と四川


 
 田植えなどで畑作業が遅れ定植が遅れてしまい胡瓜の第一弾が失敗。ゴールデンウィークの嵐で苗が傷み自家採種の種の弱さかとも思っていたのですが、こうしてナス科の自家詐取の野菜たちやキュウリの第2弾が無事に育っているのを見て、ほっと胸をなでおろしています。
 
固定種の自家採種の一番果

固定種の自家採種の一番果


 
 種子法の廃止により、一部大企業の種子の支配も懸念されています。一昔前の農家は自分で種を採り、育てて自分の野菜を作っていました。市場や流通の都合に合わせ形を揃え、味もなくなってしまった野菜たち。
 
 今期お届けする野菜たちは、本当に美味しいのだろうか?
 
 一部交配種もありますが、お届けするほとんどの野菜たちが固定種から取った種を使い、私が育てて私が採種したものが育ったものです。
 
 まだまだ技術的には素人の域を出ませんが、ここで種から育つ野菜の個性に合わせてここでの技術を磨いていきたいです。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

有機米,無農薬米,関東,神奈川,東京,千葉,有機無農薬野菜の宅配農園,産地直送,オーガニック,受入農家