野良の花 1月

今年は寒い! 年中夢究 2018年1月25日:      今年の冬は寒い。天気予報では55年ぶり?の寒さだとか。    いつも聞いているNHkの気象予報士の伊藤みゆきさんによれば、気象予報士になって20年の間に東京の気温が晴れて4℃というのは経験したことがないとか。伊 […]
ヒメオドリコソウ シソ科 2018年1月23日:      春の花、シソ科のヒメオドリコソウ。  暖かくなる3月ごろには沢山のヒメオドリコソウがあちらこちらで踊っていますが、まだまだ今の時期は「踊る」ってほどは咲かない。  それでもこの時期に、このお花にお会いできるのは […]
オオイヌノフグリ ゴマノハグサ科 2018年1月19日:        寒い季節の春を告げる足ものと小さな花。  ゴマノハグサ科のオオイヌノフグリ。    この花の実が犬のふぐりに似ているからこの名前。  ちょっと残念なお名前だけど、それを補って十分な可愛さのお花。    
冬のお仕事は腰が痛い(>_<) 年中夢究 2018年1月18日:   腰の調子がおかしい。寒い季節はどうしても腰を痛めることが多い。 職業柄とい言えばそれまでだけど、なるべく重いものを持たないようにしたり、ストレッチは欠かさずやるようにしたり。 先日ちょっと高いところから飛び降りた拍子 […]
フラサバソウ ゴマノハグサ科 2018年1月15日: 今年の冬はここ数年にないぐらい寒い冬です。 野良で咲いているのはフラサバソウ、ウシハコベ、タネツケバナ、トキワハゼ、オオイヌノフグリ、ナズナぐらい?もっとあるなあ。 フラサバソウは小さな花で、ついオオイヌノフグリに目を奪 […]
ホトケノザ シソ科 2017年1月29日:      春のお花の代表選手のホトケノザ。  まだ葉っぱは緑色ではないけれど、花はしっかり咲き始めていて・・・。  もうすぐ春って感じなのかしらね~・
タチツボスミレ スミレ科 2016年1月17日: 高宕山にて
寒の内 年中夢究 2015年1月19日:   20日は大寒。 一年で一番寒いとされる時期に突入です。 小寒(今年は1月6日)から立春(2月4日)までを寒の内と言い、その中間が大寒。 この寒さ厳しい時季は味噌や酒などを仕込む時期ともされています。 我が家でも先週味 […]
オオイヌノフグリ ゴマノハグサ科 2015年1月14日:   冬の日差しを目一杯浴びようと太陽と一緒に動いている。 当たり前の太陽の恵み。 寒い日ほどありがたく感じますね。 当たり前ほど大切なものはないかもね。
節分 季節が春に向かいます 2014年2月3日:   3日は節分。季節が冬から春へと移り変わる節目。   野良ではフキノトウがやっと顔を出し始めています。 寒さに耐えて春を感じる時。 たぶん土の中では沢山のフキノトウが顔を出す準備をしているんでしょう。 ここ数日暖かい日 […]
春はもうすぐ 年中夢究 2014年1月27日: 次の二十四節季は2月4日の立春。 もうすぐ春がやってきます。 畑の暖かい場所では地を這うようにゴマノハグサ科のオオイヌノフグリが 芽吹き可愛らしい花を咲かせています。 まだよく探さないと見つけられないけれど、 淡い青色の […]
謹 賀 新 年: 寒くても小さな花をたくさん咲かせている 今の時期のタネツケバナ(アブラナ科)ってとっても好きなのです。 1014年の幕開けです。 今年はどんな年になるのでしょうか。 野良仕事に関しては天候の安定がまず第一かな。 冬には冬 […]
タネツケバナ アブラナ科: 田んぼではアブラナ科のタネツケバナが頑張って咲いています。 寒さで葉っぱがすっかり紫色。
ウシハコベ ナデシコ科: 寒い寒い毎日が続いていますが、 野良の暖かい場所では、 ウシハコベがひっそり咲いています。  
有機米,無農薬米,関東,神奈川,東京,千葉,有機無農薬野菜の宅配農園,産地直送,オーガニック,受入農家