イネドロオイムシ

ザリガニの食害が一段落?したと思ったら、やっぱり出てきたドロオイムシ。

イネドロオイムシは稲の葉っぱを筋状に食害する虫で、イネクビホソハムシの幼虫。

イネドロオイムシ

イネドロオイムシ
ザリガニの次は君か!!
集られると田んぼ一面真っ白になる

沢山いて食害がひどいと田んぼが白く見えるほど。

ドロオイムシに食害された稲株

ドロオイムシに食害された稲株

この虫も結構弱い虫で、紫外線に弱いらしく、泥を背負ってUVケア。
実は背負っているのは泥ではなく自分の糞らしい。
究極のUVケアね。

5月中旬ぐらいから現れ始める虫です。

全く食害のない田んぼは箱剤(田植前に苗箱に施用)と呼ばれる殺虫剤(ネオニコチノイド系のクロチアニジンやチアクロプリドが主成分)が使われている場合が多いかも。

食害で白い田んぼはこの子たちが元気なんです。

あと窒素が効きすぎている田んぼにも多い気がする。
葉色が濃い緑(黒々している)の田んぼが狙われる?

肥料少なめで過保護じゃない稲はそんなに集られないような。

まあ多少の食害は仕方ない。
カラッと晴れて梅雨が明ければいなくなる。
それまで辛抱。収量が落ちたところで、なんてことないさ。
まあ、いろんな生き物いるってことで、大目に見てあげましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

農園通信 年中夢究

  1. 堰は満水 一安心
    え!? もう梅雨明け? まさか! 中休み?? 天気の週間予報についていた雨マークがすっかりなくなって…
  2. コナギ ミズアオイ科
    田の草いろいろ 昨日はツキミモチのホタルイ取り。 その前はプリンセスサリーの田んぼのコナギ取り。 そ…
  3. 小麦脱穀
    農薬化学肥料不使用の小麦 小麦の高騰が続いています。 現在の高騰の原因は北米産の小麦の不作や中国の飼…
  4. 株元には尾っぽの付いたカエルちゃん
    関東地方が梅雨入り 田んぼの稲は分けつ期を迎え、どんどん茎数を増やしています。 ザリガニ…
  5. コシヒカリ 川向の田
    分けつ期 3月17日に籾播きしたコシヒカリ、ひとめぼれ。3月24日に籾播きしたササニシキ。田植えは1…
  6. ツキミモチの田んぼ
    昨年まで私が作る田んぼの所在地は山名地区に集中していたのですが、今年からは私の住む海老敷地区や大学口…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る