収穫作業をしていると、いろいろな形に成長した野菜たちに出会います。
基本へんてこな形は出荷してないんですけど、「おっと、これは??」なんて言う、
心にググッてくる芸術的な作品は、お届けしたりもしています。
特に根菜類、大根やニンジンは、土の中から出てきた瞬間、
へんてこだと思わず笑っちゃう。

大根なんか妙に親しみを感じるし、

妙に可愛い大根

妙に可愛い大根


人参はなんだか遠距離恋愛中の恋人の久しぶりの出会いみたいな感じで、
ムフフなのであります。
もう離れらない人参

もう離れらない人参

変な想像ばかりしていてもしょうがないので、
なんでこんな形になるか?
よく言われるのが根が伸びる先に障害物(石など)があるとか、
肥料分が直接根に触れてそれを避けるように二股になる、
さらには風の強い場所では飛ばされないように踏ん張る(>_<)なんて説も・・・。 虫に生長点を食べられて、二股になることもあるだろうし。 人参なんかはもともとさびしがり屋?間引きするぐらいの密度で播種しないと、 良いものに育たないんです。 間引き出来なかった場所では写真のような人参が多く、 育つ場所の奪い合いみたいな感じなのでしょうね。 まあいずれにしても収穫しているおいらに何か訴えていると思いながら 収穫作業するのも楽しいものです。 落ち込んでいる時なんかは、 いろんな形で慰めてくれる野菜たちに感謝です。     (旬の野菜セット定期便と一緒にお届けしている農園通信 年中夢究2012年11月26日号より)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

農園からのお知らせ

令和4年産新米始まりました♪

コシヒカリとササニシキの新米! 低温貯蔵(15℃~16℃)のお米です。
農薬と化学肥料を使わずに大切に育てたお米です。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

農園通信 年中夢究

  1. 少しずつ水が溜まる堰
    お米(水稲)は水がないと育たない。 田んぼも水がないと作れない。 米を作るにはとにかく豊富な水が…
  2. アカガエル
    この辺で田んぼのカエルと言えばアマガエルやシュレーゲルアオガエル。   アマガエルは比較的どこに…
  3. 2台目のトラクター フルクローラのヤンマーCT280
    また機械が増えた。 中古のフルクローラトラクターを最近購入。 たまたま掘り出しものが出たと連…
  4. 大豆の若取り
    枝豆というと、ビールのつまみというイメージが強く、夏を想像しがちですが、農薬を使わずに作ることが出来…
  5. プリンセスサリー脱穀
    我が家の今期の稲刈りはジャスミンライスの脱穀で終了です。 もち米のツキミモチとジャスミンライス…
  6. 育苗第一弾 いい苗が出来上がりました。
    秋冬野菜の定植時期 育苗第一弾 8月30日に播種した秋冬育苗第一弾の苗たちが大きくなりました。…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る