モミガラを米ぬかと攪拌してモミガラ堆肥作り 2023年2月6日

夏の稲刈りシーズン中に運んで積んでおいた、2tダンプ5台分のモミガラ。

風で飛散しないように防風ネットで周りを囲んで、風雨に当ててあります。
何度か米ぬかを投入し攪拌してありますが、温度が一番下がるこの時期に、さらに米ぬかを投入して攪拌。

今季は動物性の肥料を使わずに、このモミガラ米ぬか発酵肥料が野菜たちの栄養になります。

モミガラ米ぬか攪拌

モミガラ米ぬか攪拌

位置をずらしながら、毎年モミガラを積んでいく予定です。

定期的に攪拌して、発酵させてモミガラがボロボロになる頃使えれば最高だと思います。
たぶん。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

農園からのお知らせ

無農薬米 お届け中!

無農薬のコシヒカリとササニシキ
低温貯蔵(15℃~16℃)

農薬と化学肥料を使わずに大切に育てたお米です。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 

どうして農薬と化学肥料を使わないのか

農園通信 年中夢究

  1. 取水口の土砂撤去
    3月5日我が家の田んぼが多く点在する山名地区の水路掃除がありました。 山名地区全戸参加の用排水路掃…
  2. アライグマ
    私がここ三芳地区に新規就農したのは1996年12月。 当時は農業者も多く、当然今高齢となっている方…
  3. 畦焦し
    2月5日は海老敷第一土地改良区の春の恒例行事の畦焦しでした。 乾いた天気が続いていて、風は多少吹い…
  4. 竹林から真竹を選んで切っています
    お米の天日干しをするのに竹で組んだ干し台??の事を、この辺では「ナラシ」と呼んでいます。 足に使う…
  5. 海老敷区祈年祭 幟旗 諏訪大明神
    今年も新型コロナウイルス感染症の影響で、地区の大切な行事の一つである祈年祭の祭典が、中止になってしま…
  6. 金比羅山からの初日の出
    2023年の幕開けは近所の金比羅山からの初日の出。 海老敷にある有志の団体「金比羅山保存会」で…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2023年3月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る