よいお年をお迎えください! 年中夢究 2021年12月31日

今年一年を振り返るとやはり新型コロナウイルスの影響が、じわりじわりと農園や地域にも出ていて、生活のあり方を見直す時期に来ているのだと感じました。

地域のイベントはほとんど中止になり、この高齢化した地域では、同じ地域に住んでいてもイベントがなければ顔を合わす機会が失われてしまい、希薄な地域関係になりかねないという危惧が生じています。
イベントも年中行事もやはりしっかりとやっていかないと、どんどん希薄になってしまうと思いました。

また、高齢化で米作りをやめる方も少しずつ出てきていて、条件の悪い田んぼはどんどん荒れていく現実がすぐそこまで来ています。
この地域の農村の風景は田んぼがあって山があって、人が住んで奥の方までしっかり耕作されていた風景。
でもそれがどんどん荒れていきます。
やる人が少ない、やれる人が少ない? 
住民がみんな2反ぐらいずつ農地を耕せばこの風景も残るかもしれないなあなどと考えてみたり。

夕方にはかけ終わり無事終了

昔はどの田んぼも天日干しでお米を乾燥させていました。
美しい風景です。

私自身も米作りに関しては規模が大きくなるにつれて、機械化を進めたけれど管理が行き届かなくなることが多くなりつつあり、このやり方だと米作りの楽しさが薄れて、楽しくないってなることのかもしれません。規模が小さくても楽しくお米や野菜を作れて、同じような仲間と農村の価値や生活する楽しさを共有できる、そんな社会(農村)にしていきたい。

とにかく人がいなけりゃ話にならず。
人を増やして、農村の楽しさを伝えていきたい!

楽しさ、嬉しさ、面白さ、生活してるって感じをもっと充実させていきたいと思います。
そしてそんな楽しいことをもっと多くの人に伝えていきたいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

農園通信 年中夢究

  1. 金比羅山からの初日の出
    新年の恒例行事、裏山?の金毘羅山での初日の出。 [caption id="attachment…
  2. 夕方にはかけ終わり無事終了
    今年一年を振り返るとやはり新型コロナウイルスの影響が、じわりじわりと農園や地域にも出ていて、生活のあ…
  3. 大豆脱穀
    無農薬大豆の収穫 莢がカラカラと音がし始め味噌の用大豆の収穫期を迎え、12月4日に刈り取り、6日に…
  4. レバー、ハツなどはすぐに頂きます
    イノシシを捕まえて食べる 私が新規就農したのが平成8年。 都会から近く、海も山もあり、この地域の農村…
  5. 旭 ちゃんと乾きますように
    8月の下旬から始まった農園の稲刈り。今年も新しく取り組んだ品種が3品種。リゾット用の和みリゾット。栽…
  6. 枝豆
    枝豆の旬といえばビールのお供ってことで夏をイメージしがちですが、本来大豆の若取りである枝豆の旬はちょ…

instagram

facebook

ご注文はこちらから

ただいま工事中です

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る