よいお年をお迎えください! 年中夢究 2021年12月31日

今年一年を振り返るとやはり新型コロナウイルスの影響が、じわりじわりと農園や地域にも出ていて、生活のあり方を見直す時期に来ているのだと感じました。

地域のイベントはほとんど中止になり、この高齢化した地域では、同じ地域に住んでいてもイベントがなければ顔を合わす機会が失われてしまい、希薄な地域関係になりかねないという危惧が生じています。
イベントも年中行事もやはりしっかりとやっていかないと、どんどん希薄になってしまうと思いました。

また、高齢化で米作りをやめる方も少しずつ出てきていて、条件の悪い田んぼはどんどん荒れていく現実がすぐそこまで来ています。
この地域の農村の風景は田んぼがあって山があって、人が住んで奥の方までしっかり耕作されていた風景。
でもそれがどんどん荒れていきます。
やる人が少ない、やれる人が少ない? 
住民がみんな2反ぐらいずつ農地を耕せばこの風景も残るかもしれないなあなどと考えてみたり。

夕方にはかけ終わり無事終了

昔はどの田んぼも天日干しでお米を乾燥させていました。
美しい風景です。

私自身も米作りに関しては規模が大きくなるにつれて、機械化を進めたけれど管理が行き届かなくなることが多くなりつつあり、このやり方だと米作りの楽しさが薄れて、楽しくないってなることのかもしれません。規模が小さくても楽しくお米や野菜を作れて、同じような仲間と農村の価値や生活する楽しさを共有できる、そんな社会(農村)にしていきたい。

とにかく人がいなけりゃ話にならず。
人を増やして、農村の楽しさを伝えていきたい!

楽しさ、嬉しさ、面白さ、生活してるって感じをもっと充実させていきたいと思います。
そしてそんな楽しいことをもっと多くの人に伝えていきたいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

農園通信 年中夢究

  1. 堰は満水 一安心
    え!? もう梅雨明け? まさか! 中休み?? 天気の週間予報についていた雨マークがすっかりなくなって…
  2. コナギ ミズアオイ科
    田の草いろいろ 昨日はツキミモチのホタルイ取り。 その前はプリンセスサリーの田んぼのコナギ取り。 そ…
  3. 小麦脱穀
    農薬化学肥料不使用の小麦 小麦の高騰が続いています。 現在の高騰の原因は北米産の小麦の不作や中国の飼…
  4. 株元には尾っぽの付いたカエルちゃん
    関東地方が梅雨入り 田んぼの稲は分けつ期を迎え、どんどん茎数を増やしています。 ザリガニ…
  5. コシヒカリ 川向の田
    分けつ期 3月17日に籾播きしたコシヒカリ、ひとめぼれ。3月24日に籾播きしたササニシキ。田植えは1…
  6. ツキミモチの田んぼ
    昨年まで私が作る田んぼの所在地は山名地区に集中していたのですが、今年からは私の住む海老敷地区や大学口…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る