やっと秋晴れ戻る・・?かな 年中夢究 2021年9月20日

コンバインでの稲刈りがほぼ終わり(ほぼというのはまだ仲間内の田んぼが秋雨で入れずに残っているため、いつ出動依頼が来るのか不明なため)、これからははざがけ天日乾燥のもち米やプリンセスサリーの稲刈りをやります。

もち米の田んぼは地面がゆるくもう少し乾かしたい。

プリンセスサリーもまだもうちょっと先。

プリンセスサリー稲穂

プリンセスサリー稲穂

旭という品種にいたっては、まだ青くこの分だと10月中旬ごろかしら。
旭は初めて作るお米なので、全くの分からない。

いずれにせよ珍しい進路をたどった台風14号が過ぎ、秋晴れが戻ってきたように感じます。
今日(20日)は朝から青空が広がり、朝の空気はひんやりしていて、湿度が少ない感じ。この天気長く続けば嬉しい。

里芋イノシシに食われる

里芋イノシシに食われる

稲刈りの合間をみて家の裏の畑の草刈りと思ったら、植えてある里芋が半分ぐらいイノシシに掘られてしまった・・・。
稲刈りで罠の管理も疎かになっていたから、侵入されるのも当然か。
反省。急いで電気柵を張り、一時的に防除。一段落したらイノシシ狩りに出ねば・・・。

まだしばらく稲刈りが続くので、早く終わらせるためにも、この秋晴れのいいお天気長く続いてほしい。 9月20日号

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

農園通信 年中夢究

  1. 金比羅山からの初日の出
    新年の恒例行事、裏山?の金毘羅山での初日の出。 [caption id="attachment…
  2. 夕方にはかけ終わり無事終了
    今年一年を振り返るとやはり新型コロナウイルスの影響が、じわりじわりと農園や地域にも出ていて、生活のあ…
  3. 大豆脱穀
    無農薬大豆の収穫 莢がカラカラと音がし始め味噌の用大豆の収穫期を迎え、12月4日に刈り取り、6日に…
  4. レバー、ハツなどはすぐに頂きます
    イノシシを捕まえて食べる 私が新規就農したのが平成8年。 都会から近く、海も山もあり、この地域の農村…
  5. 旭 ちゃんと乾きますように
    8月の下旬から始まった農園の稲刈り。今年も新しく取り組んだ品種が3品種。リゾット用の和みリゾット。栽…
  6. 枝豆
    枝豆の旬といえばビールのお供ってことで夏をイメージしがちですが、本来大豆の若取りである枝豆の旬はちょ…

instagram

facebook

ご注文はこちらから

ただいま工事中です

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る