やっと秋晴れ戻る・・?かな 年中夢究 2021年9月20日

コンバインでの稲刈りがほぼ終わり(ほぼというのはまだ仲間内の田んぼが秋雨で入れずに残っているため、いつ出動依頼が来るのか不明なため)、これからははざがけ天日乾燥のもち米やプリンセスサリーの稲刈りをやります。

もち米の田んぼは地面がゆるくもう少し乾かしたい。

プリンセスサリーもまだもうちょっと先。

プリンセスサリー稲穂

プリンセスサリー稲穂

旭という品種にいたっては、まだ青くこの分だと10月中旬ごろかしら。
旭は初めて作るお米なので、全くの分からない。

いずれにせよ珍しい進路をたどった台風14号が過ぎ、秋晴れが戻ってきたように感じます。
今日(20日)は朝から青空が広がり、朝の空気はひんやりしていて、湿度が少ない感じ。この天気長く続けば嬉しい。

里芋イノシシに食われる

里芋イノシシに食われる

稲刈りの合間をみて家の裏の畑の草刈りと思ったら、植えてある里芋が半分ぐらいイノシシに掘られてしまった・・・。
稲刈りで罠の管理も疎かになっていたから、侵入されるのも当然か。
反省。急いで電気柵を張り、一時的に防除。一段落したらイノシシ狩りに出ねば・・・。

まだしばらく稲刈りが続くので、早く終わらせるためにも、この秋晴れのいいお天気長く続いてほしい。 9月20日号

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

農園通信 年中夢究

  1. 枝豆
    枝豆の旬といえばビールのお供ってことで夏をイメージしがちですが、本来大豆の若取りである枝豆の旬はちょ…
  2. 大豆の若取り 枝豆
    台風16号は勢力を維持したまま暴風域を伴って関東地方の近くを通過していきました。 結構遠い場所を通…
  3. プリンセスサリー稲穂
    コンバインでの稲刈りがほぼ終わり(ほぼというのはまだ仲間内の田んぼが秋雨で入れずに残っているため、い…
  4. コンバインでの稲刈り
    農園の稲刈りは8月24日から始まりました。 稲刈り直前にまるで梅雨末期のような雨が続き、ひび割れて…
  5. 水が抜けず乾かない田んぼ
    稲刈り直前の8月中旬、例年なら台風でも来ない限り雨など降らないで、ちょうど人参などの播種時期に当たり…
  6. 台風の影響で傾ぐ稲
    8月中旬お盆が過ぎれば稲刈りが始まります。 農園のお米は昨年より作付けが1週間遅かったので2…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る