旭脱穀、今年の稲刈りやっと終了 年中夢究 2021年11月1日

8月の下旬から始まった農園の稲刈り。今年も新しく取り組んだ品種が3品種。リゾット用の和みリゾット。栽培面積が減っているササニシキ、そしてコシヒカリのルーツでもあり昭和初期まで作られていた旭という品種。

夕方にはかけ終わり無事終了

はざがけが終わり
田んぼには昔ながらの
天日干しの風景が広がります

旭は自然農栽培では手掛けている方も多いこの品種、知りあいから種もみを分けてもらい今年初めて作ってみました。田植機、バインダーやハーベスター、コンバインなどの機械が普及する前の昭和初期以前、すべて手作業での作業に向くような品種だったのでしょうか。
苗は大きく育ち、茎が太く分けつも多い、茎が長く(背が高い)、脱粒(籾が落ち)が多いなどなど。水苗代、手植え、鎌で手刈り、天日干し、足踏み脱穀など。今回一番頭を悩ませたのは背の高さと脱粒性。背の高さは肥料が極端に少なくても育つということ。昔は肥料も少なかったからか?脱粒は昔は脱穀の作業が手作業だったのでむしろ籾落ちがいい品種の方が優れていたのかも。倒伏しなければ脱粒が少ないのでいかに倒さずに作るかです。ワラが長いのはそれだけワラの需要があったということなのかも。牛や馬の飼料や敷きワラ、そして何より縄やムシロ、笠、草履など日用品に使われていたことを思うと長いワラは重宝されていたのかもしれません。なんだかとても心が痛い思いがします。

旭の脱穀

脱穀終わりました
やはり昔の品種
脱粒が多く収量少ない

品種一つとってもいろいろな状況が見えてきて、今季の米作りは米の収穫ももちろんですが、他にも収穫できたことがあったなあと思うのであります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

農園通信 年中夢究

  1. ツキミモチの田んぼ
    昨年まで私が作る田んぼの所在地は山名地区に集中していたのですが、今年からは私の住む海老敷地区や大学口…
  2. 畔草刈り
    5月10日のプリンセスサリーの田植えで一通り田植が終わりました。 今年は早く田植えを始めたにも…
  3. 素晴らしい環境のもち米の田んぼ
    毎年のことですがゴールデンウイークはめちゃくちゃ忙しい。 4月19日田植えスタートから5月6日…
  4. ぬり鍬とまんのう鍬
    今主流の田んぼ作業 田んぼ作業というと大型のトラクターで畦塗りから田起こし、代掻きまでこなし、乗用田…
  5. 新しく作ることになった田んぼ
    新しい田んぼで早速洗礼を受ける 今年から新しく8反ぐらい田んぼが増え、減らした6反より結局増え…
  6. 田んぼに水を引く
    今年は雨が少ない?? 昨年の秋以降雨が多くて冬の田んぼ作業が進まずに困っていたのに、春の声が聞…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る