虫取りから思う事 年中夢究 2014年11月24日

 
ここ数日、時間があると野菜に集っている虫を取っています。

虫取りなんて書いていますが、実際には虫潰し。

ネキリムシ

ネキリムシ

ネキリムシやヨトウムシ、モンシロチョウの幼虫などなど。
キャベツ、カリフラワー、白菜、ブロッコリーなど葉っぱを捲って、
これらの虫や虫の卵を見つけて潰しています。
白菜など中の方に入ってしまっているものは、
ピンセットでつまんで、引き摺り出します。

モンシロチョウの幼虫

モンシロチョウの幼虫

潰す感触ってのはとっても嫌なものです。
虫たちにとっては生きるか死ぬかの話。
潰すときは感触も嫌ですが、やはり害虫とはいえ、
命を奪うってことに対する嫌な感じです。
でもこの感触は大事かなと思っています。
殺虫剤を使ってしまえば、
そんな思いすら抱かずに多くの命を奪ってします。

話は飛躍しますが何かの本に書いてあったことを思い出します。
人一人素手で殺すのは生半可な事ではない。
でも現代の兵器ではまるでゲーム感覚のように人を殺せる。
生身の痛みや感情は感じる必要がない。
大量破壊兵器なんてその最たるもの。
ゲームなどでも命を奪うシーンが沢山あるようですが、
やはり生身の痛みは伴わない。
生身の痛みや感情を伴わないから、
現実と非現実の境目がなくなってしまっている。

命を奪うってことは、それはそれは嫌な(?)事なのだと思います。
手で潰すって作業は正直気持ち悪い。
でも命を奪う代償なのかなとも思います。
農薬を使えばそこに命があるってことすら忘れてしまうような感じがします。

葉っぱの奥の方で

葉っぱの奥の方で

虫取りしていると、いろんな生き物がいます。
葉っぱの奥の方でアマガエルを見つけるのは嬉しい瞬間。

命あるものが沢山いるってことを忘れずに野良仕事したいものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

農園通信 年中夢究

  1. 枝豆
    枝豆の旬といえばビールのお供ってことで夏をイメージしがちですが、本来大豆の若取りである枝豆の旬はちょ…
  2. 大豆の若取り 枝豆
    台風16号は勢力を維持したまま暴風域を伴って関東地方の近くを通過していきました。 結構遠い場所を通…
  3. プリンセスサリー稲穂
    コンバインでの稲刈りがほぼ終わり(ほぼというのはまだ仲間内の田んぼが秋雨で入れずに残っているため、い…
  4. コンバインでの稲刈り
    農園の稲刈りは8月24日から始まりました。 稲刈り直前にまるで梅雨末期のような雨が続き、ひび割れて…
  5. 水が抜けず乾かない田んぼ
    稲刈り直前の8月中旬、例年なら台風でも来ない限り雨など降らないで、ちょうど人参などの播種時期に当たり…
  6. 台風の影響で傾ぐ稲
    8月中旬お盆が過ぎれば稲刈りが始まります。 農園のお米は昨年より作付けが1週間遅かったので2…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る