虫取りから思う事 年中夢究 2014年11月24日

 
ここ数日、時間があると野菜に集っている虫を取っています。

虫取りなんて書いていますが、実際には虫潰し。

ネキリムシ

ネキリムシ

ネキリムシやヨトウムシ、モンシロチョウの幼虫などなど。
キャベツ、カリフラワー、白菜、ブロッコリーなど葉っぱを捲って、
これらの虫や虫の卵を見つけて潰しています。
白菜など中の方に入ってしまっているものは、
ピンセットでつまんで、引き摺り出します。

モンシロチョウの幼虫

モンシロチョウの幼虫

潰す感触ってのはとっても嫌なものです。
虫たちにとっては生きるか死ぬかの話。
潰すときは感触も嫌ですが、やはり害虫とはいえ、
命を奪うってことに対する嫌な感じです。
でもこの感触は大事かなと思っています。
殺虫剤を使ってしまえば、
そんな思いすら抱かずに多くの命を奪ってします。

話は飛躍しますが何かの本に書いてあったことを思い出します。
人一人素手で殺すのは生半可な事ではない。
でも現代の兵器ではまるでゲーム感覚のように人を殺せる。
生身の痛みや感情は感じる必要がない。
大量破壊兵器なんてその最たるもの。
ゲームなどでも命を奪うシーンが沢山あるようですが、
やはり生身の痛みは伴わない。
生身の痛みや感情を伴わないから、
現実と非現実の境目がなくなってしまっている。

命を奪うってことは、それはそれは嫌な(?)事なのだと思います。
手で潰すって作業は正直気持ち悪い。
でも命を奪う代償なのかなとも思います。
農薬を使えばそこに命があるってことすら忘れてしまうような感じがします。

葉っぱの奥の方で

葉っぱの奥の方で

虫取りしていると、いろんな生き物がいます。
葉っぱの奥の方でアマガエルを見つけるのは嬉しい瞬間。

命あるものが沢山いるってことを忘れずに野良仕事したいものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

農園通信 年中夢究

  1. 金比羅山からの初日の出
    新年の恒例行事、裏山?の金毘羅山での初日の出。 [caption id="attachment…
  2. 夕方にはかけ終わり無事終了
    今年一年を振り返るとやはり新型コロナウイルスの影響が、じわりじわりと農園や地域にも出ていて、生活のあ…
  3. 大豆脱穀
    無農薬大豆の収穫 莢がカラカラと音がし始め味噌の用大豆の収穫期を迎え、12月4日に刈り取り、6日に…
  4. レバー、ハツなどはすぐに頂きます
    イノシシを捕まえて食べる 私が新規就農したのが平成8年。 都会から近く、海も山もあり、この地域の農村…
  5. 旭 ちゃんと乾きますように
    8月の下旬から始まった農園の稲刈り。今年も新しく取り組んだ品種が3品種。リゾット用の和みリゾット。栽…
  6. 枝豆
    枝豆の旬といえばビールのお供ってことで夏をイメージしがちですが、本来大豆の若取りである枝豆の旬はちょ…

instagram

facebook

ご注文はこちらから

ただいま工事中です

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る