秋冬春野菜の育苗床作り 太陽熱消毒 2022年7月29日

太陽熱消毒

秋冬春野菜・・・
冬キャベツ、ブロッコリー早生・晩生、カリフラワー早生・中早生・中生、春キャベツ、白菜早生・晩生、黄金白菜、ベニナバナ、のらぼう菜、晩生京菜、玉葱、葱などは、露地冷床で育苗します。

育苗床は畑なので、苗に害を及ぼす菌や虫たちがいます。
また、草の種も沢山あります。
これらを夏のギラギラ太陽熱で、焼くことにより消毒を行います。

苗床作り 畝立て

苗床作り 畝立て

畑を耕し、畝上げをして、すぐに播種できるように表面をレーキなどで叩き、均平にして苗床を作ります。
そこに透明ビニールをかけ、裾はしっかりと土をかけて外気が入らないようにして、密封?させます。
乾いているよりも、雨後3日ぐらいの土に十分に水分がある時を狙って作業を行います。
土中の水分が熱せられて高温になり、熱での消毒が十分に行われます。

太陽熱消毒

太陽熱消毒

8月下旬の播種に向けて約一か月ほどこの状態を保ち、熱による消毒を行います。

注意点としては、カラスがイタズラするので、カラス避けのテグスを張り、ビニールに穴を開けられないようにすること。

播種はビニールを剥がしてそのままの状態の苗床に播きます。
土を動かしたりせず、またビニールの裾に載っている土を苗床に混入させないのも注意点です。

雨前を狙って播種して覆土の代わりにもみ殻を使います。

苗床完成で一安心なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

農園からのお知らせ

令和4年産新米始まりました♪

コシヒカリとササニシキの新米! 低温貯蔵(15℃~16℃)のお米です。
農薬と化学肥料を使わずに大切に育てたお米です。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

農園通信 年中夢究

  1. 育苗第一弾 いい苗が出来上がりました。
    秋冬野菜の定植時期 育苗第一弾 8月30日に播種した秋冬育苗第一弾の苗たちが大きくなりました。…
  2. 脱穀は妻のお仕事??
    はざがけ天日干しのツキミモチの脱穀 前日まで次の日は朝から雨マークがついていて、こりゃ脱穀無理…
  3. 景色に溶け込むナラシの稲束
    今季のメインイベント??のツキミモチの稲刈り。 ツキミモチの稲刈りは、バインダーで刈って、ナラ…
  4. 新米炊き立てササニシキ
    昨年から作り始めたササニシキ。 今年は2年目で、食べていただいている方から要望が多かったので、…
  5. ササニシキの稲刈り
    稲刈り始まる!! 8月21日から始まった稲刈りですが、28日にとうとう雨で稲刈り中断となってし…
  6. 稲刈り始まりました!
    今年も稲刈りの季節がやってきました。 例年8月20日を過ぎると稲刈りが始まります。 農園では…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る