アライグマの脅威 年中夢究 2023年11月13日

昨年ぐらいから、今まであまり見たことがないような足跡が、田んぼの畦際や少し深くなった場所の周りで見られるようになり、今年の夏になると、その数は激増しました。
足跡の正体はアライグマ。

足跡の特徴としては、5本の搔き爪と長い指。
タヌキなどとは明らかに違う足跡。
愛らしい顔立ちからは想像できないほど、狂暴そうな足跡です。

田んぼに残されていた足跡は、ザリガニやカエルなどを食べに来ていたアライグマのもの。
雑食性なのでなんでも食べる。
カエルやザリガニ、ヘビなどから、鳥類、果実、野菜や穀物まで。

 

アライグマ捕獲

アライグマ捕獲
有害獣駆除

 

10月26日に捕獲したアライグマ。
この辺では3匹目。
専用の捕獲罠を使えばきっともっと駆除できるはず。
夜行性だというので、あまり人の目に触れないので、存在が知られていませんが、沢山いるようです。

アライグマは北アメリカ原産。
ペットとして持ち込まれたものが、飼いきれずに山に放したのが増えたらしい。
この辺まで勢力範囲を広げているということは、相当繁殖力も強いのか。
外敵も少ないかほぼいないのかもしれません。
この辺のもともとあった里山の生態系が、かなり影響を受けていると思われます。

地元紙にも書かれていたウシガエルの低音の鳴き声が聞かれなくなったのも、アライグマのせい?
まだ私自身実感がないのですが、シュレーゲルアオガエルは見かけることが少なくなっています。
夏の高温が原因かと思っていたのですが、山に住むカエルたちが多く食べられているとしたら、アカガエルなんかもこの先どんどん姿を消していく?かもしれません。
カエルたちが減れば、蚊やブヨなども増えるだろうし、さらにはヘビも減る。

 

アカガエル

アカガエル

 

外敵がいない快適な環境で、この先どんどん増えるアライグマに脅威を感じます。
最近の暑さで、北限が宮古島といわれるハマダラカが北上してきて、その幼虫を食べるカエルたちがいないということは、やがて日本もマラリアの脅威にもさらされるのではと脅威を感じています。


シュレーゲルアオガエル

シュレーゲルアオガエル

夏に普通に田んぼにいるシュレーゲルアオガエル。
代かきの時期には田んぼに卵塊があちらこちらに浮いているのですが、今年は数個だけ。
カエル自体は見なくなった。
好きなカエルなのにいなくなってしまった。
犯人はアライグマ??

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

農園からのお知らせ

令和5年産無農薬米 販売開始!!
コシヒカリとササニシキ
ジャスミンライスとツキミモチも

無農薬無化学肥料のコシヒカリとササニシキ
低温貯蔵(15℃~16℃)

農薬と化学肥料を使わずに大切に育てたお米です。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 



どうして農薬と化学肥料を使わないのか

農園通信 年中夢究

  1. 海老敷的場のササニシキの田んぼで、朝仕事のチェーン除草
    めちゃくちゃ忙しい田植えの時期。 特に私たちみたいな、農薬化学肥料を使わない作り方だと、どうし…
  2. チェーン除草始まりました。
    4月23日から始まった前半戦の田植えは29日でコシヒカリを植え終わり一旦終了。 怒涛の田植えウ…
  3. シュレーゲルアオガエル
    海老敷六代の田んぼは天水田。 沢水と雨水でほぼ米作りができる。 どうしても足りない時には、近くを…
  4. 緑化が進みしっかりしてきた稲苗
    3月22日に播種したコシヒカリ600枚が無事に発芽しました。 この時期の悪天候は本当にひやひやもの…
  5. 籾播き
    3月21日、22日は今季一回目の籾播きでした。 21日は育苗の共同作業している仲間分でコシヒカ…
  6. タンクで浸種
    今年もいよいよ本格的に米作り始まりました。 まずは種もみの温湯殺菌(消毒)です。 温湯消…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る