春耕 春の田起し 農薬化学肥料不使用の米作り 2024年3月18日

畦塗りが終われば春耕再開。
 
春の田起しで、水を引く前に荒起ししておきます。

去年さぼった?田んぼで、すでに生えていた草を、うないこむ(耕して土の中に埋める)ことができず、田植え後とっても苦労して抜き取った苦い経験から、今年は無理してでも田起しを徹底しようを改心??

苦い経験といえば、野良仕事は苦い経験ばっかりで、それが糧になって、次の工夫につながるから、それも面白みの一つかしら。

暗くなって作業灯を付けての春耕

暗くなって作業灯を付けての春耕


 
受託畦塗りやりながら、少し時間を見つけては田んぼを耕しに出ています。

農繁期は切りの良いところまでやってしまいたいので、どうしても暗くなっての作業も多い。

作業灯を付けてやれば問題なくできるのですが、気持ち的にとっても寂しいというのが、本音のところ。

今日は暗くなる直前にお仕事終了でたが、日が暮れた道をライト付けたトラクターで帰るのは、やっぱり寂しいものです。

野良仕事に追われる毎日になって気ましたが、やっぱり陽のあるうちに仕事は終わりにしたいものです・・・(>_<)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

農園からのお知らせ

令和5年産無農薬米 販売開始!!
コシヒカリとササニシキ
ジャスミンライスとツキミモチも

無農薬無化学肥料のコシヒカリとササニシキ
低温貯蔵(15℃~16℃)

農薬と化学肥料を使わずに大切に育てたお米です。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 



どうして農薬と化学肥料を使わないのか

農園通信 年中夢究

  1. シュレーゲルアオガエル
    海老敷六代の田んぼは天水田。 沢水と雨水でほぼ米作りができる。 どうしても足りない時には、近くを…
  2. 緑化が進みしっかりしてきた稲苗
    3月22日に播種したコシヒカリ600枚が無事に発芽しました。 この時期の悪天候は本当にひやひやもの…
  3. 籾播き
    3月21日、22日は今季一回目の籾播きでした。 21日は育苗の共同作業している仲間分でコシヒカ…
  4. タンクで浸種
    今年もいよいよ本格的に米作り始まりました。 まずは種もみの温湯殺菌(消毒)です。 温湯消…
  5. 水路掃除 花見台取水口
    3月3日は山名地区の水路掃除がありました。 地区住民総出の水路掃除をやっているところは珍しいのでは…
  6. 落ち葉の腐葉土
    冬のお仕事の一つ薪集め。 我が家には薪ストーブが1台、妻の助産院にも1台、そして作業場の倉庫に…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る