イノシシ捕獲 年中夢究 2021年11月22日

イノシシを捕まえて食べる

私が新規就農したのが平成8年。

都会から近く、海も山もあり、この地域の農村の風景がとても美しいことに心惹かれ、この景色を作り出す一部になりたいなあと思うこともあり、鍬一本から農業を始めました。青年海外協力隊から帰国してすぐのことで、任地のPNGの山奥と重なる風景もあり、違和感なく住み始めることができたんだなあと今あらためて思いました。

当時は結構奥の方の農地も借りて米や野菜を作っていました。ここ10年ぐらいイノシシの被害が多くなり、農家の高齢化も進んで、農村の景色が変わりつつあります。
ただ高齢化だけならまだ奥の方の立地条件の悪い田んぼや畑も耕す意欲が続いたと思います。しかし今は追い打ちをかけるようにイノシシや鹿、最近はサルの話も聞きます。

先日夕暮れ時まだ明るい時間帯に交通量のある道路に近い田んぼのひこばえを、何の警戒心もなく食べている大きなイノシシがいました。私はトラクターで通りかかったので降りて近づきましたが、かなり近づくまで食べることをやめずにいたイノシシ。

捕獲ということ以前に、本気で捕まえ食べちゃうぞという姿勢を示さないと野生動物たちは怖がらないと思います。

イノシシ捕獲 くくり罠

イノシシ捕獲 くくり罠

メスの子供のイノシシ

メスの子供のイノシシ

イノシシ捕獲は趣味でもなく楽しみでもないけど、ここで生活するということは、こういうことも含んでいるのが現実です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

農園通信 年中夢究

  1. ツキミモチの田んぼ
    昨年まで私が作る田んぼの所在地は山名地区に集中していたのですが、今年からは私の住む海老敷地区や大学口…
  2. 畔草刈り
    5月10日のプリンセスサリーの田植えで一通り田植が終わりました。 今年は早く田植えを始めたにも…
  3. 素晴らしい環境のもち米の田んぼ
    毎年のことですがゴールデンウイークはめちゃくちゃ忙しい。 4月19日田植えスタートから5月6日…
  4. ぬり鍬とまんのう鍬
    今主流の田んぼ作業 田んぼ作業というと大型のトラクターで畦塗りから田起こし、代掻きまでこなし、乗用田…
  5. 新しく作ることになった田んぼ
    新しい田んぼで早速洗礼を受ける 今年から新しく8反ぐらい田んぼが増え、減らした6反より結局増え…
  6. 田んぼに水を引く
    今年は雨が少ない?? 昨年の秋以降雨が多くて冬の田んぼ作業が進まずに困っていたのに、春の声が聞…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る