イセヒカリの4畝ほどの田んぼの田植えで、すべての田植えが終わり、怒涛の忙しさから解放?

畦塗りから始まり、水止め荒代、本代かき、田植え、田の草初期除草(田車)まで一連の野良仕事が一通り終わったのですが、田植えが終わったと思ったら、田の草取りが本格的に始まり、畦草は伸び放題。

まだまだ続く忙しさなのですが、一休みしないと息切れしちゃう。

アカガエル

アカガエル

田んぼを見回れば、最近めっきりヌマガエルに押され気味のアカガエルがいて、ほっと一安心。
我が家の田んぼで見かけるカエルは、アマガエル、アカガエル、シュレーゲルアオガエル、たまにウシガエルだったのに、ヌマガエルが加わった。
温暖化?が原因で西の方からやって来たヌマガエルの勢力が拡大しているように思えます。

トンボの羽化

トンボの羽化

28日早朝にはトンボの羽化を発見。時間にして30分ぐらいの神秘的な光景。
多くの田んぼでネオニコ系の殺虫剤が使われていることもあり、数が減っているように感じるトンボたち。
就農した頃は、びっくりするぐらいの大勢のトンボたちが乱舞していて、彼らが飛び始めると、ブヨや蚊が一気に減っていました。
トンボの飛翔(空中戦?)能力は素晴らしく、ブヨや蚊を捕食してくれています。
トンボが育つためにはヤゴが育つミジンコなどが生きる田んぼが必要。
どうやら我が家の田んぼは気に入ってもらえたようです。
この田んぼは田の草取りは後回し。ヤゴたちが無事にトンボに羽化するまで、しばらく待ちましょう。

そして田の草が始まっていますが、もう少ししたら自分へのご褒美の早苗饗(さなぶり)田植えまで終わってお疲れさま会せねばなのです。
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

農園からのお知らせ

令和5年産無農薬米 在庫僅少!!
コシヒカリとササニシキ

ご注文はお早めに!

無農薬無化学肥料のコシヒカリとササニシキ
低温貯蔵(15℃~16℃)

農薬と化学肥料を使わずに大切に育てたお米です。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 



どうして農薬と化学肥料を使わないのか

農園通信 年中夢究

  1. 最後は手で取るテデトール
    田んぼに入って草取りすることを田の草取りと言います(当たり前か?) 除草剤を一切使わないので、…
  2. 落ち葉集め 林道大学口線
    野菜の育苗の土を作るために落ち葉集めに行きました。 野菜が主力だった時には、収穫用のコンテナ3…
  3. 中山間地域の畦草刈りは、 土手が多くて、大変なのです。 刈る面積は???
    4月23日から始まった田植えは5月19日のイセヒカリとプリンセスサリーですべて終了。 植えた田んぼ…
  4. 海老敷的場のササニシキの田んぼで、朝仕事のチェーン除草
    めちゃくちゃ忙しい田植えの時期。 特に私たちみたいな、農薬化学肥料を使わない作り方だと、どうし…
  5. チェーン除草始まりました。
    4月23日から始まった前半戦の田植えは29日でコシヒカリを植え終わり一旦終了。 怒涛の田植えウ…
  6. シュレーゲルアオガエル
    海老敷六代の田んぼは天水田。 沢水と雨水でほぼ米作りができる。 どうしても足りない時には、近くを…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る