動力除草機投入! 農薬化学肥料不使用の米作り 2024年5月20日

毎年どうしても草が出てしまう田んぼがあります。

通称山名下ノ坪の小さい田んぼ。

借りた初年度から、コナギ、ヒエ、ホタルイ、オモダカがものすごく発生して、草に覆われて(負けて)、収穫皆無。

それから毎年チェーン除草や田車、動力除草機を使って除草していますが、草の勢いは収まらず・・・。

8畝ほどの小さな田んぼなのですが、意外と深く水はけも悪いので、耕すタイミングがうまくつかめず、冬の間のマメな管理ができないのも草が多く出る要因の一つ。

そして毎年草が出るので、当然のように草の種も沢山落としてしまう、そんな田んぼなので、ある意味悪循環。

コナギ、ヒエ、ホタルイ、オモダカなんて、除草剤を使って(使ったことないけど)、水管理がうまくできれば一発で駆除できる弱い草たち。

毎年この田んぼで田の草取りしていると、トンボの羽化に出会うことが出来るのです。

田んぼの生き物たち 2023年5月29日

今年も出会えるかなトンボの羽化。

でもその前に・・・。

やっぱり今年も草が凄いので、動力除草機投入です!

水田中耕除草機 MKC20

水田中耕除草機 MKC20

条間を高速で回転する爪でかき回し、草を埋め込む浮かす除草機。

中耕することにより、有害なガスを追い出し酸素を供給するので、粘りが良くなる(取説より)との事。

水田中耕除草機

水田中耕除草機

どっさり生えた草を取り除くには効果絶大ですが、最大の難点は株間の除草ができない事。

これで株間まで除草ができれば、完璧なんだけどね・・・。

さて、どれほど浮いてくるかというと

どっさり浮いた田の草たち

どっさり浮いた田の草たち

今年もどっさり浮いてきちゃって、こんだけ草が生えてりゃ、普通なら稲の生育も悪いんだけど、この田んぼは不思議と稲の生育も良いのです。

動力除草機を使った後は、稲は一時的にぐたっとなりますが、明日にはピシッと立ち上がってきます。

除草機使用後の田んぼ

除草機使用後の田んぼ

また、ごみゼロが終わってから、本格的に田の草取りに励みます・・・(>_<)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

農園からのお知らせ

令和5年産無農薬米 在庫僅少!!
コシヒカリとササニシキ

ご注文はお早めに!

無農薬無化学肥料のコシヒカリとササニシキ
低温貯蔵(15℃~16℃)

農薬と化学肥料を使わずに大切に育てたお米です。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 



どうして農薬と化学肥料を使わないのか

農園通信 年中夢究

  1. 最後は手で取るテデトール
    田んぼに入って草取りすることを田の草取りと言います(当たり前か?) 除草剤を一切使わないので、…
  2. 落ち葉集め 林道大学口線
    野菜の育苗の土を作るために落ち葉集めに行きました。 野菜が主力だった時には、収穫用のコンテナ3…
  3. 中山間地域の畦草刈りは、 土手が多くて、大変なのです。 刈る面積は???
    4月23日から始まった田植えは5月19日のイセヒカリとプリンセスサリーですべて終了。 植えた田んぼ…
  4. 海老敷的場のササニシキの田んぼで、朝仕事のチェーン除草
    めちゃくちゃ忙しい田植えの時期。 特に私たちみたいな、農薬化学肥料を使わない作り方だと、どうし…
  5. チェーン除草始まりました。
    4月23日から始まった前半戦の田植えは29日でコシヒカリを植え終わり一旦終了。 怒涛の田植えウ…
  6. シュレーゲルアオガエル
    海老敷六代の田んぼは天水田。 沢水と雨水でほぼ米作りができる。 どうしても足りない時には、近くを…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る