今年は初期のチェーン除草の甲斐あって、田の草取りは余裕で終わるはずだったのに・・・。

やり始めたらきりがない。

昨年ほどではないけれども、やはりどうしても草が出る田は、草が出る。

最後の田の草取りは、今年から急遽作ることになった田んぼで、通称「しばった下わっぷ」。

「わっぷ」ってこの辺ではよく使う田んぼ用語?なのですが、どういう意味だろう??

腰を屈めての田の草取りは、今の私では一日2時間程度が限度。

それ以上やると腰がどうにもこうにもになって、動けなくなる。

なのでぼちぼち、夕方の17時頃から田んぼに入って田の草取って、18時半ごろまでやって、蚊やブユが出てきたら終了。

おうちに帰って外でストレッチしながら、ビール飲んでいろいろ考え事して、お風呂で腰をいたわるパターン。

この田んぼは、ホタルイがびっしり生えてしまい、条間は動力除草機で対応。

新しく作ることになった田んぼの田の草取り 2024年6月10日

残る株間を最後は手で取る、テデトールしてました。

株間に残ったホタルイみっしり

株間に残ったホタルイみっしり

天気と体調とやる気と都合を鑑みて、延べ4日ほどで終わることが出来ました。

株間は腰を屈めてテデトールです

株間は腰を屈めてテデトールです

自慢でもなんでもないですが、田の草取りは毎年どこかしらの田んぼでやっていて、手で取る田の草取りも手慣れたものです。

昔は一日中やっていたこともありますが、それが原因?で腰を痛め、もうそんなに無理はしない。

どんなに頑張っても半日で切り上げます。

そして今では2時間程度です。

もちろん重労働で、終いには腰を屈めて下を向いているのでくらくらしてきて、血の巡りも悪くなり、かなり大げさですが、腰からくる肩こりや頭痛も発症!

それでもやっぱり農薬は使いたくない。

どうすれば草が出ないような田んぼに仕上げられるのか?

草が出たらどうしたらいいのか?なんて事を考えるのも、また楽しいものです。

まあ兎に角今季の田の草取りは終了して、ほっと一安心しているのです。

田の草取りを終えたしばった下わっぷの田んぼ

田の草取りを終えたしばった下わっぷの田んぼ

田の草取りを終えた田んぼ見れば、今まで草に取られていた養分が稲に行くのでしょうか?日に日に緑が増していくのです。

そんな田んぼの稲を見るととても愛おしいのです。

そしてこの田を選んでくれた生き物たちにも感謝です。

ヤゴの抜け殻

ヤゴの抜け殻

 

何トンボか分からないけれど、トンボが飛び始めれば蚊やブユが少なくなる。

ネオニコ系の農薬の影響か、一面空を覆いつくすようなトンボの大軍を見ることは少なくなりましたが、こうして小さな弱い生き物たちの住処として、この田んぼが存在していることが、私のちょっとした自慢です。

温暖化でマラリアを媒介するハマダラカの北上?が心配されていますが、蚊を捕食するトンボの存在も大切だと思います。

いろんな生き物たちが、私たちの思いもよらないような関係性をもって生きている。

そういうことを、身近に感じる体験が、大切なのかもしれないです。

田の草取りは大変ですが・・・(>_<)

田の草取りまだ終わらず 年中夢究 2024年6月17日

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

農園からのお知らせ

令和5年産無農薬米 在庫僅少!!
コシヒカリとササニシキ

ご注文はお早めに!

無農薬無化学肥料のコシヒカリとササニシキ
低温貯蔵(15℃~16℃)

農薬と化学肥料を使わずに大切に育てたお米です。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 



どうして農薬と化学肥料を使わないのか

農園通信 年中夢究

  1. 山名のマチ 神輿渡業で区内各所を回ります
    7月13日は私の住む海老敷地区の祭典がありました。 この地域は小さな集落単位で、それぞれ神社が…
  2. 畦草刈り
    遅い梅雨入りで、まだ本格的な梅雨はこれからなんて思っていたら、パタッと雨が止み、全く降っていない南房…
  3. 株間は腰を屈めてテデトールです
    今年は初期のチェーン除草の甲斐あって、田の草取りは余裕で終わるはずだったのに・・・。 やり始め…
  4. いつまでやるの? テデトール。 気力が続くまで・・・
    田の草取り終盤戦でもうすぐ終わるなんて言っていましたが、まだテデトールは続いています。 前半の…
  5. 最後は手で取るテデトール
    田んぼに入って草取りすることを田の草取りと言います(当たり前か?) 除草剤を一切使わないので、…
  6. 落ち葉集め 林道大学口線
    野菜の育苗の土を作るために落ち葉集めに行きました。 野菜が主力だった時には、収穫用のコンテナ3…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る