見られているのかな 年中夢究 2016年11月21日

  今年はカマキリを見かけない、なんて思っていたら、まるで「ここにいるよ」って感じで、菜花の葉っぱの中から出てきた。

カマキリ

カマキリ

出てくるなり、こちらを睨みつけ、ぎょろ目の中の黒い眼玉で話しかけてくる。「そろそろ寒くなる、獲物探しているから、お前と話している暇などない」とでも言いたげで、まるで邪魔者扱いされた気分。もちろんそちらの世界では人間は邪魔者ですな。嬉しくてちょっとだけちょっかいを出すと、すごい剣幕でファイティングポーズ。

ファイティングポーズ

ファイティングポーズ

素直にごめんなさいと謝りながら、写真だけ撮らせていただきました。

まだ日差しが暑く、インゲンの白い花が沢山咲いていたころには、クマバチが忙しそうに楽しそうに、花から花へ蜜を集めに飛んでいて、人間の事なんかどうでもいいって感じ。

クマバチ

クマバチ 花から花へ

インゲン収穫してるとブーンとすごい羽音を立てて花から花へ。私が居ようが居まいが関係ない。もう夢中になっている。

いろんな生き物たちが野良には沢山います。畑にも沢山いて。当たり前なんだけど、当たり前のことがこの先いつまで続くのか?不安になるときもある。

カマキリに睨まれながら、いつも彼らの視線を感じつつ、「あんまり変な事するんじゃないぞ」って私たち人間に対して思っているのかななんて、大袈裟なことまで考えたりして。

畑で出会えて嬉しかったのです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 7月 08日

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

農園通信 年中夢究

  1. 金比羅山からの初日の出
    新年の恒例行事、裏山?の金毘羅山での初日の出。 [caption id="attachment…
  2. 夕方にはかけ終わり無事終了
    今年一年を振り返るとやはり新型コロナウイルスの影響が、じわりじわりと農園や地域にも出ていて、生活のあ…
  3. 大豆脱穀
    無農薬大豆の収穫 莢がカラカラと音がし始め味噌の用大豆の収穫期を迎え、12月4日に刈り取り、6日に…
  4. レバー、ハツなどはすぐに頂きます
    イノシシを捕まえて食べる 私が新規就農したのが平成8年。 都会から近く、海も山もあり、この地域の農村…
  5. 旭 ちゃんと乾きますように
    8月の下旬から始まった農園の稲刈り。今年も新しく取り組んだ品種が3品種。リゾット用の和みリゾット。栽…
  6. 枝豆
    枝豆の旬といえばビールのお供ってことで夏をイメージしがちですが、本来大豆の若取りである枝豆の旬はちょ…

instagram

facebook

ご注文はこちらから

ただいま工事中です

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る