今年から作ることになった田んぼで洗礼を受ける 年中夢究 2022年4月8日

新しい田んぼで早速洗礼を受ける

今年から新しく8反ぐらい田んぼが増え、減らした6反より結局増えてしまった。

新しい田んぼは癖(深かったりもぐったり、土質だったり、ご近所だったり)が分からない。

田んぼの物理的な要因だけではなく、人がらみの人的癖も多々あるようで・・・

暗くなるまでライトをつけてトラクターで作業してると怒られる場所もあるとか。

新しく作ることになった田んぼ

新しく作ることになった田んぼ

先日田んぼに水を汲んでいると、「おまえはまた無農薬か?まともな作り方してもらわないと困る。また防除(農薬の空中散布)出来なくなる。」と文句とも嫌味ともとれることを隣の田んぼの人に言われた。何が困るのかわからないが、要は農薬の空中散布が出来なくなるから、自分で農薬をまかなきゃいけないから困るってことか?年齢は84歳だとか。

農薬を使うことが大前提、使うことが当たり前の社会。

この時期や稲刈り前の防除の時期になると一体どれほどの化学物質が田んぼに撒かれるのでしょうか?
美しい田んぼの風景なんて物は化学物質が大量に播かれるためのカモフラージュなのかも。
人はもちろん、そこに住む生き物たちにとって安全であるはずがない。
使わないのが当たり前の私とは、そもそも考え方が違うし、あと何年かすれば世代も考え方も変わり、使わないことが当たり前の社会が戻ってくるのかなあ?

まだまだ孤軍奮闘?まだまだ先は長い?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

農園通信 年中夢究

  1. ツキミモチの田んぼ
    昨年まで私が作る田んぼの所在地は山名地区に集中していたのですが、今年からは私の住む海老敷地区や大学口…
  2. 畔草刈り
    5月10日のプリンセスサリーの田植えで一通り田植が終わりました。 今年は早く田植えを始めたにも…
  3. 素晴らしい環境のもち米の田んぼ
    毎年のことですがゴールデンウイークはめちゃくちゃ忙しい。 4月19日田植えスタートから5月6日…
  4. ぬり鍬とまんのう鍬
    今主流の田んぼ作業 田んぼ作業というと大型のトラクターで畦塗りから田起こし、代掻きまでこなし、乗用田…
  5. 新しく作ることになった田んぼ
    新しい田んぼで早速洗礼を受ける 今年から新しく8反ぐらい田んぼが増え、減らした6反より結局増え…
  6. 田んぼに水を引く
    今年は雨が少ない?? 昨年の秋以降雨が多くて冬の田んぼ作業が進まずに困っていたのに、春の声が聞…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る