落ち葉集め 農薬化学肥料不使用の野菜作り 2024年5月25日

野菜の育苗の土を作るために落ち葉集めに行きました。

野菜が主力だった時には、収穫用のコンテナ3段積みで計39コンテナを軽トラ一台として4回分の落ち葉を集めていましたが、今季から軽トラ1台分。

落ち葉枠を小さな枠に作り直したら、ちょうど1台分(39コンテナ分、平積みなら3回分)で満杯。

落ち葉集めは近所の林道へ。

落ち葉集め堰へ向かう管理道路脇

落ち葉集め
堰へ向かう管理道路脇

落ち葉集め林道大学口線

落ち葉集め
林道大学口線

季節になれば落ち葉が道路わきの側溝に沢山溜まっているので、その落ち葉をフォークで集めて詰め込みます。

落ち葉の産地?とは違い、結構急峻な低山が広がるこの地域は、山に入って落ち葉拾いなどと、悠長なこと言ってられないので、手っ取り早く側溝から落ち葉集めです。

照葉樹林に代表されるマテバシイが沢山あるので、落ち葉の季節は冬ではなくちょうど今頃からかな。

幅広で厚みのあるマテバシイの葉っぱが、力があってよろしいかも。

幅広厚みがあるマテバシイの葉っぱ

幅広厚みがあるマテバシイの葉っぱ

もちろんクヌギやシイの葉っぱも良いです。

シイの葉っぱかな?

シイの葉っぱかな?

いろんな樹種の葉っぱが入っているのが、とってもいい感じのような気がします。

竹や笹の葉っぱ、少量なら杉の葉っぱも大丈夫。

落ち葉いろいろ

落ち葉いろいろ

集めた落ち葉は、裏の畑の落ち葉枠へ入れて踏み込みます。

落ち葉枠この中で腐葉土になります。

落ち葉枠
この中で腐葉土になります。

しっかり踏み込めばかなりの量の落ち葉が入ります。

そして微生物やいろいろな生き物の力を借りて?

大概は生き物たちに排泄物なんだろうけど、分解が進んで、来年、再来年には、すこぶる良質な腐葉土になるはずです。

満杯になったら光が入らないように隙間にはワラを詰めたりして、上にはトタンで蓋をして完成。

ワラで隙間を埋めて

ワラで隙間を埋めて

 

トタンで蓋をして完成

トタンで蓋をして完成

ゆっくりだけど分解が進んで、春には半分以下になるはず。

出来上がった腐葉土はこんな感じの土になります。

一昨年踏み込ん落ち葉の腐葉土

一昨年踏み込ん落ち葉の腐葉土

土から作る野菜苗、種も自家採種で、なんかもうウフフです。

百姓仕事ってこういう事の積み重ね。

試行錯誤の連続で失敗も多いけれど、行きついた先で、これいいなってなった時のワクワク感と来たら、説明不要ですね。

たかが土、されど土。

常に作る人でありたいと思っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

農園からのお知らせ

令和5年産無農薬米 在庫僅少!!
コシヒカリとササニシキ

ご注文はお早めに!

無農薬無化学肥料のコシヒカリとササニシキ
低温貯蔵(15℃~16℃)

農薬と化学肥料を使わずに大切に育てたお米です。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 



どうして農薬と化学肥料を使わないのか

農園通信 年中夢究

  1. 最後は手で取るテデトール
    田んぼに入って草取りすることを田の草取りと言います(当たり前か?) 除草剤を一切使わないので、…
  2. 落ち葉集め 林道大学口線
    野菜の育苗の土を作るために落ち葉集めに行きました。 野菜が主力だった時には、収穫用のコンテナ3…
  3. 中山間地域の畦草刈りは、 土手が多くて、大変なのです。 刈る面積は???
    4月23日から始まった田植えは5月19日のイセヒカリとプリンセスサリーですべて終了。 植えた田んぼ…
  4. 海老敷的場のササニシキの田んぼで、朝仕事のチェーン除草
    めちゃくちゃ忙しい田植えの時期。 特に私たちみたいな、農薬化学肥料を使わない作り方だと、どうし…
  5. チェーン除草始まりました。
    4月23日から始まった前半戦の田植えは29日でコシヒカリを植え終わり一旦終了。 怒涛の田植えウ…
  6. シュレーゲルアオガエル
    海老敷六代の田んぼは天水田。 沢水と雨水でほぼ米作りができる。 どうしても足りない時には、近くを…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る