今年は少し遅い枝豆の旬 無農薬大豆 年中夢究 2022年10月17日

枝豆というと、ビールのつまみというイメージが強く、夏を想像しがちですが、農薬を使わずに作ることが出来る枝豆は、この地域では今からが旬です。
秋大豆と呼ばれるもので、日長が短くなることで花芽を着ける短日植物。
もちろん夏大豆と呼ばれる感温型の品種があって、夏の枝豆はそれらの品種。
だけど夏に食べられるように無農薬で枝豆を作ろうとすると、花が咲いて実が付く頃にカメムシにみんな吸われてしまい、ひとつも取れないのです。
寒冷紗をかけてカメムシ避けしてなんてことに。
秋大豆はちょっと季節はずれのような気もしますが、本来自然に出来るのは今からの枝豆だけ。
野に咲く大豆の原種と言われるツルマメも今の時期が豆のシーズン?

ツルマメの花 

ツルマメの花は大豆の花そっくり。
10月中旬撮影のツルマメ

ツルマメの実 大豆そっくり

ツルマメの実 大豆そっくり

その系統の秋大豆の若取りなのです。
自家採種を繰り返して、種を選抜しているのですが、なかなか枝ぶりの良いものが少なく、収穫量はそんなに多くはないです。
味は粘土質で育っているだけあって、美味しいです。
小粒なものから大粒なものまで無選別お届けしています。

大豆の若取り

大豆の若取り

黄金色の産毛を持つ枝豆

黄金色の産毛を持つ枝豆
この系統を残したい。

枝豆が終われば大豆になるまで畑で完熟、乾燥させて11月の終わりごろから収穫になります。
国産無農薬大豆です。
食用の大豆の自給率が20%、全体では6%だそうです。
私たちの生活の中で欠かせない味噌、醤油、豆腐など、ほとんどが外国に頼っていることになる。(アメリカの戦略か?)
せめて米、大豆、小麦の自給率は100%でありたいと願います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

農園からのお知らせ

令和4年産新米始まりました♪

コシヒカリとササニシキの新米!
低温貯蔵(15℃~16℃)

農薬と化学肥料を使わずに大切に育てたお米です。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 



旬の有機野菜セット 

いろんな野菜を少しずつ
季節の野菜を5品目から12品目ぐらいをお米と一緒にお届けしています。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

農園通信 年中夢究

  1. 竹林から真竹を選んで切っています
    お米の天日干しをするのに竹で組んだ干し台??の事を、この辺では「ナラシ」と呼んでいます。 足に使う…
  2. 海老敷区祈年祭 幟旗 諏訪大明神
    今年も新型コロナウイルス感染症の影響で、地区の大切な行事の一つである祈年祭の祭典が、中止になってしま…
  3. 金比羅山からの初日の出
    2023年の幕開けは近所の金比羅山からの初日の出。 海老敷にある有志の団体「金比羅山保存会」で…
  4. 藁綯いしてお飾り作り 今年は28日にできました。
    百姓仕事に終わりなし! お正月に年神様を迎えるための、しめ飾り、鏡餅づくりが私の一年の締め括り…
  5. 小麦播種
    ほとんど海外に依存している大豆と小麦。 飼料用の子実トウモロコシもほとんどが海外依存。 食料の自…
  6. 脱穀後はシートに広げて天日干し
    今年も無事に大豆の収穫脱穀が終わりました。 この時期雨が多い年は、刈り取り収穫が、なかなか出来ない…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る