身近に迫る野生動物たち 年中夢究 2023年2月17日

私がここ三芳地区に新規就農したのは1996年12月。
当時は農業者も多く、当然今高齢となっている方々も若く、農村に活気があったように思われます。
谷の奥の方まで小さな田んぼや畑があり、自然豊かな環境で米や野菜が育てられていました。
獣害の被害なんて、タヌキやアナグマ、カラスにスイカを食べられるぐらいだったような・・。
あれから四半世紀が過ぎ、高齢化が進み、農業従事者が減り、子どもなんかほとんどいない農村になってしまいました。
そのかわり野生動物がどんどん増えて、耕作地を荒らし、綺麗だった谷の景色もなくなってしまいました。
一番はイノシシ被害が増え、自然環境の良い棚田などは、土手が崩され、稲を食われ、耕作意欲を削がれてしまう事態に。

鹿捕獲

鹿捕獲

最近では鹿が出没するようになり、先日も若いオスを捕獲。
さらにここ数年田んぼに現れるのはアライグマ。

アライグマ

アライグマ
最近特に増えている特定外来生物

5本の鉤爪でひっかいたような足跡。
繁殖力が強く、どんどん増えている感じがします。

ハクビシン ジャコウネコ科

日本で唯一のジャコウネコ科
外来生物ですが、移入時期は不明だとか

果樹や果菜類を食べ荒らすのはハクビシン。

流石に自然豊かなんって言っていられない。
生き物相手に自己防衛なんて言葉は使いたくないけれど、ヒルや狂犬病の元となるような病原体をもっていて、駆除しないと大変なことになる。
もともといない生き物たちなのだから、共存はなかなか難しい。
このままいくと、淘汰(駆除)されるのは、人間かも・・。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

農園からのお知らせ

令和5年産無農薬米 在庫僅少!!
コシヒカリとササニシキ

ご注文はお早めに!

無農薬無化学肥料のコシヒカリとササニシキ
低温貯蔵(15℃~16℃)

農薬と化学肥料を使わずに大切に育てたお米です。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 



どうして農薬と化学肥料を使わないのか

農園通信 年中夢究

  1. 最後は手で取るテデトール
    田んぼに入って草取りすることを田の草取りと言います(当たり前か?) 除草剤を一切使わないので、…
  2. 落ち葉集め 林道大学口線
    野菜の育苗の土を作るために落ち葉集めに行きました。 野菜が主力だった時には、収穫用のコンテナ3…
  3. 中山間地域の畦草刈りは、 土手が多くて、大変なのです。 刈る面積は???
    4月23日から始まった田植えは5月19日のイセヒカリとプリンセスサリーですべて終了。 植えた田んぼ…
  4. 海老敷的場のササニシキの田んぼで、朝仕事のチェーン除草
    めちゃくちゃ忙しい田植えの時期。 特に私たちみたいな、農薬化学肥料を使わない作り方だと、どうし…
  5. チェーン除草始まりました。
    4月23日から始まった前半戦の田植えは29日でコシヒカリを植え終わり一旦終了。 怒涛の田植えウ…
  6. シュレーゲルアオガエル
    海老敷六代の田んぼは天水田。 沢水と雨水でほぼ米作りができる。 どうしても足りない時には、近くを…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る