田んぼに入って草取りすることを田の草取りと言います(当たり前か?)

除草剤を一切使わないので、どうしても草が出てきて、その草をいかに減らすか、取るかが、無農薬栽培の鍵となっています。

草を発芽させない、もしくは発芽したての芽を除草するチェーン除草で、今季はだいぶ発芽を抑えられました。

草を出さない技術としては◎。

最後は手で取るテデトール

最後は手で取るテデトール

それでも残った草は、人力の田車だったり、動力除草機で、除草しますが、最後はやっぱり、人間の手で抜き取る。

テデトールなんて言っていますが、手で取っても負担のないぐらいの草の量に抑えることが重要。

それと毎年の課題のザリガニ対策。

適度な密度でいれば、動きによる濁りとハサミによる切断?は抑草除草効果としては抜群。

しかし沢山いると稲苗まで切ってしまう両刃の剣。

ザリガニ沢山蠢く

ザリガニ沢山蠢く

適度な密度(他の生態系へ影響がないぐらい)で、抑草効果がある程度に発生を抑えることが、来年の課題!

もちろん農薬を使わずに!

慣行栽培の田んぼを見れば、真っ赤になって死んでいるザリガニ多数

草を出さない、そこに住む生き物に極力影響のない作り方を考える事が、私たちのような百姓の醍醐味であり面白さ。

農薬の使い方なんて、誰でもできる事、技術でもなんでもない、農薬会社の言いなり奴隷(すみません言いすぎです)。

今年はザリガニ捕獲機自作して、今は如何に沢山入るものになるか模索と試作を繰り返し。

ザリガニ捕獲器試作中

来年のための、ザリガニ捕獲器試作中

 

卵を抱えた春のザリガニを捕まえて、産卵させないというのが来年のザリガニ対策。

稲の生育は分けつが進み、今年はとってもいい感じ。

田んぼを取り巻く環境への負荷の少ない米作りを続けていくには、周りの理解や誰でもできる技術の普及も大切だと思っています。

まずは何より美味しいお米を作りますです。

私たちのような取組をご理解いただければ幸いです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

農園からのお知らせ

令和5年産無農薬米 在庫僅少!!
コシヒカリとササニシキ

ご注文はお早めに!

無農薬無化学肥料のコシヒカリとササニシキ
低温貯蔵(15℃~16℃)

農薬と化学肥料を使わずに大切に育てたお米です。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 



どうして農薬と化学肥料を使わないのか

農園通信 年中夢究

  1. 最後は手で取るテデトール
    田んぼに入って草取りすることを田の草取りと言います(当たり前か?) 除草剤を一切使わないので、…
  2. 落ち葉集め 林道大学口線
    野菜の育苗の土を作るために落ち葉集めに行きました。 野菜が主力だった時には、収穫用のコンテナ3…
  3. 中山間地域の畦草刈りは、 土手が多くて、大変なのです。 刈る面積は???
    4月23日から始まった田植えは5月19日のイセヒカリとプリンセスサリーですべて終了。 植えた田んぼ…
  4. 海老敷的場のササニシキの田んぼで、朝仕事のチェーン除草
    めちゃくちゃ忙しい田植えの時期。 特に私たちみたいな、農薬化学肥料を使わない作り方だと、どうし…
  5. チェーン除草始まりました。
    4月23日から始まった前半戦の田植えは29日でコシヒカリを植え終わり一旦終了。 怒涛の田植えウ…
  6. シュレーゲルアオガエル
    海老敷六代の田んぼは天水田。 沢水と雨水でほぼ米作りができる。 どうしても足りない時には、近くを…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る