稲の生育ステージは分けつ期 農薬化学肥料不使用の米作り 2024年6月6日

4月下旬に田植えをしたコシヒカリは、今はちょうど分けつ期を迎えています。

ザリガニ被害のない場所の稲はどんどん茎数を増やしています。

後10日もすれば中干しが始まり、一度落水して田面を出してあげて、軽くひび割れさせる時期に向かいます。

一株当たり25本から30本なんてのが理想的らしいでのですが、果たしてそれだけ分けつが進むのでしょうか?

今年は米作りには恵まれた天候で、定期的に雨が降り、水に苦労することもなく、ザリガニの様子、草の出具合などを見ながら、浅水、間断潅水を繰り返した結果!!とてもいい感じの稲の姿になっています。

分けつが進むコシヒカリ

分けつが進むコシヒカリ

山名大坪の田んぼ

山名大坪の田んぼ

これだけ分けつが進んでいれば、私たちのような作り方では、大満足。

過去一番の出来ではないかと思われるほど、今季は稲の生育が良い。

これも天候のお陰です。

もちろんザリガニ被害で分けつの進んでいない田んぼもありますが、全体的に見て、とても良い生育条件で、分けつが進んでいます。

田植え直後

田植え直後

田植え風景とは一変して、わさわさした稲の様子が分かります。

初期除草と浅水管理が功を奏した!(言ってみたかったのです。)

油断禁物、これからも毎朝の田んぼの見回りと、ちょっとした変化に気付く目を養いたいです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

農園からのお知らせ

令和5年産無農薬米 在庫僅少!!
コシヒカリとササニシキ

ご注文はお早めに!

無農薬無化学肥料のコシヒカリとササニシキ
低温貯蔵(15℃~16℃)

農薬と化学肥料を使わずに大切に育てたお米です。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 



どうして農薬と化学肥料を使わないのか

農園通信 年中夢究

  1. 最後は手で取るテデトール
    田んぼに入って草取りすることを田の草取りと言います(当たり前か?) 除草剤を一切使わないので、…
  2. 落ち葉集め 林道大学口線
    野菜の育苗の土を作るために落ち葉集めに行きました。 野菜が主力だった時には、収穫用のコンテナ3…
  3. 中山間地域の畦草刈りは、 土手が多くて、大変なのです。 刈る面積は???
    4月23日から始まった田植えは5月19日のイセヒカリとプリンセスサリーですべて終了。 植えた田んぼ…
  4. 海老敷的場のササニシキの田んぼで、朝仕事のチェーン除草
    めちゃくちゃ忙しい田植えの時期。 特に私たちみたいな、農薬化学肥料を使わない作り方だと、どうし…
  5. チェーン除草始まりました。
    4月23日から始まった前半戦の田植えは29日でコシヒカリを植え終わり一旦終了。 怒涛の田植えウ…
  6. シュレーゲルアオガエル
    海老敷六代の田んぼは天水田。 沢水と雨水でほぼ米作りができる。 どうしても足りない時には、近くを…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る