アライグマ田んぼに現る 田んぼの生き物 2024年6月2日

田んぼにザリガニが大発生していて、特に深い四隅などは、全く稲苗がなくなってしまっている田んぼもあります。

海老敷小作のイセヒカリの田んぼもその一つ。

三角の田んぼは特に隅は深くなってしまうので仕方ない。

深い場所にはザリガニが集まってきていて、ずいぶん切られてしまったけれど、全体的には草が出ないので、除草抑草効果はいい感じ。

そんな田んぼの朝の様子。

一晩でザリガニ大量にいなくなる

一晩でザリガニ大量にいなくなる

昨日までザリガニが沢山いて、捕まえねばなんて思っていたのですが、朝行ってみると、無数の足跡。

鉤爪型の足跡があちらこちらについていて、田んぼの中もかなり荒れている感じ。

畦には獣が通った後らしき通り道が出来ていて、こりゃ奴が来たに違いない。

アライグマの足跡

アライグマの足跡

畦には泥が着いた獣道!!

畦には泥が着いた獣道!!

アライグマがザリガニを食べに来て、一晩でここに集まってきていたザリガニをすべて捕獲!したのか?

静かな朝を迎えてしまっていました。

この辺でもアライグマが増えていて、昨年は2匹捕獲しました。

繁殖力と食欲が凄い獰猛な生き物なので、注意が必要。

アライグマ捕獲

アライグマ捕獲
有害獣駆除

昨年捕獲したアライグマの写真ですが、可愛いらしい姿とは裏腹に、獰猛な生き物で、生態系に影響大。

ザリガニを捕まえに来てくれるのは、ありがたいのですが、田んぼを荒らすこともあるのです。

特定外来生物に指定されています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

農園からのお知らせ

令和5年産無農薬米 在庫僅少!!
コシヒカリとササニシキ

ご注文はお早めに!

無農薬無化学肥料のコシヒカリとササニシキ
低温貯蔵(15℃~16℃)

農薬と化学肥料を使わずに大切に育てたお米です。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 



どうして農薬と化学肥料を使わないのか

農園通信 年中夢究

  1. 最後は手で取るテデトール
    田んぼに入って草取りすることを田の草取りと言います(当たり前か?) 除草剤を一切使わないので、…
  2. 落ち葉集め 林道大学口線
    野菜の育苗の土を作るために落ち葉集めに行きました。 野菜が主力だった時には、収穫用のコンテナ3…
  3. 中山間地域の畦草刈りは、 土手が多くて、大変なのです。 刈る面積は???
    4月23日から始まった田植えは5月19日のイセヒカリとプリンセスサリーですべて終了。 植えた田んぼ…
  4. 海老敷的場のササニシキの田んぼで、朝仕事のチェーン除草
    めちゃくちゃ忙しい田植えの時期。 特に私たちみたいな、農薬化学肥料を使わない作り方だと、どうし…
  5. チェーン除草始まりました。
    4月23日から始まった前半戦の田植えは29日でコシヒカリを植え終わり一旦終了。 怒涛の田植えウ…
  6. シュレーゲルアオガエル
    海老敷六代の田んぼは天水田。 沢水と雨水でほぼ米作りができる。 どうしても足りない時には、近くを…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る