無農薬無化学肥料の大豆収穫 年中夢究 2021年12月9日

無農薬大豆の収穫

莢がカラカラと音がし始め味噌の用大豆の収穫期を迎え、12月4日に刈り取り、6日に脱穀しました。
脱穀した大豆は天気の良い日にシートに広げて追加の天日干しをします。

カラカラと莢が鳴る大豆

カラカラと莢が鳴る大豆

大豆刈り取り

大豆刈り取り
株元から刈り取って山にして天日干し

大豆脱穀

大豆脱穀
脱穀はハーベスター
昔は足踏脱穀、唐箕(とうみ)でやってました。

大豆は種まき後に鳩に狙われる。さらには野ウサギは葉っぱが大好物。実が入ってくるとやはり野ウサギがきれいに食べる。さらにはイノシシも大好物。大豆になってからもイノシシに狙われ、刈り取り後の大豆の山もひっくり返されたり、踏まれたり、食べられたり。ちょうど今の時期は子育て最中でウリ坊の良い餌になってる(>_<) 鷹を模したカイトで鳩やウサギは寄って来なくなったけど、イノシシはダメ。

播種から収穫まで野生動物に狙われる大豆の収穫が終わり、とりあえず一安心。

大豆脱穀

大豆脱穀
この後追加の天日干しします

収量は80㎏ぐらいにはなりそう。今年仕込む味噌や醤油には十分な収量。大豆がなければ我が家の食生活が変わってしまうので、毎年気が抜けない大豆栽培です。

ちなみに我が家は毎朝味噌汁です。単純に1回30g~40g×365日だと最低でも約15㎏ぐらいの味噌が必要なのです。そうすると大体大豆8㎏、米8㎏と塩で20㎏ぐらいの大豆が出来る計算かな。

いずれにせよ今年も大豆収穫までたどり着けました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

農園通信 年中夢究

  1. 金比羅山からの初日の出
    新年の恒例行事、裏山?の金毘羅山での初日の出。 [caption id="attachment…
  2. 夕方にはかけ終わり無事終了
    今年一年を振り返るとやはり新型コロナウイルスの影響が、じわりじわりと農園や地域にも出ていて、生活のあ…
  3. 大豆脱穀
    無農薬大豆の収穫 莢がカラカラと音がし始め味噌の用大豆の収穫期を迎え、12月4日に刈り取り、6日に…
  4. レバー、ハツなどはすぐに頂きます
    イノシシを捕まえて食べる 私が新規就農したのが平成8年。 都会から近く、海も山もあり、この地域の農村…
  5. 旭 ちゃんと乾きますように
    8月の下旬から始まった農園の稲刈り。今年も新しく取り組んだ品種が3品種。リゾット用の和みリゾット。栽…
  6. 枝豆
    枝豆の旬といえばビールのお供ってことで夏をイメージしがちですが、本来大豆の若取りである枝豆の旬はちょ…

instagram

facebook

ご注文はこちらから

ただいま工事中です

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る