秋晴れ!脱穀! 農薬化学肥料不使用の米作り 年中夢究 2023年10月6日

もち米のツキミモチの脱穀は9月29日。イセヒカリは10月3日に終わり、最後のプリンセスサリーの脱穀を7日に予定しています。
稲束を掛けてから脱穀までの間、掛けた稲束に雨を当てたくないのですが、自然相手のお仕事なので、どうしても雨に当ててしまうことも。
今回もプリンセスサリーは4日に雨が降ってしまい、脱穀延長の結果10月7日になりました。

はざがけ天日干し

はざがけ天日干し

はざがけ天日干しの稲刈りは、手間と時間がかかりますが、私が就農した25年前はみんなこのやり方。
コンバインなんかまだ村内に数台しかなく、トラクターだって珍しかった時代。
当たり前のように、稲刈りをして、ナラシを立てて、稲束を突っ掛ける。
冬には竹を切り、長さを切りそろえ、ナラシ小屋へ保管。
手間がかかって、面倒だけど、ごく当たり前の作業としてやっていたものです。
就農以来毎年この稲刈り一連の野良仕事は続けているのですが、身体が覚えているから、それほど苦にはならない。
でも年のせいか、腰痛がキツイ。
 

ツゲ

ツゲ
作れる人も少なくなったのでは??

稲刈りっていうと稲を刈って、ナラシにかけて天日干し、乾燥が進めば脱穀ですが、実際にはナラシの材料の竹切りや保管、それを運んだり、片付けたりなどなど、稲刈り関係の野良仕事が沢山生まれ、自然の中から使われる資材も沢山あって、邪魔者扱いの竹も大切な資材になります。
さらには使いこなす技?技術もあり、やめてしまえばそれで終わってしまうようなことが、いろいろあるのだと最近特に実感しています。

6日7日は乾いた秋晴れの予報、この晴れでしっかり乾かせれば最後の大仕事の脱穀です!
 

ツキミモチ脱穀

ツキミモチ脱穀

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

農園からのお知らせ

令和5年産無農薬米 販売開始!!
コシヒカリとササニシキ
ジャスミンライスとツキミモチも

無農薬無化学肥料のコシヒカリとササニシキ
低温貯蔵(15℃~16℃)

農薬と化学肥料を使わずに大切に育てたお米です。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 



どうして農薬と化学肥料を使わないのか

農園通信 年中夢究

  1. 海老敷的場のササニシキの田んぼで、朝仕事のチェーン除草
    めちゃくちゃ忙しい田植えの時期。 特に私たちみたいな、農薬化学肥料を使わない作り方だと、どうし…
  2. チェーン除草始まりました。
    4月23日から始まった前半戦の田植えは29日でコシヒカリを植え終わり一旦終了。 怒涛の田植えウ…
  3. シュレーゲルアオガエル
    海老敷六代の田んぼは天水田。 沢水と雨水でほぼ米作りができる。 どうしても足りない時には、近くを…
  4. 緑化が進みしっかりしてきた稲苗
    3月22日に播種したコシヒカリ600枚が無事に発芽しました。 この時期の悪天候は本当にひやひやもの…
  5. 籾播き
    3月21日、22日は今季一回目の籾播きでした。 21日は育苗の共同作業している仲間分でコシヒカ…
  6. タンクで浸種
    今年もいよいよ本格的に米作り始まりました。 まずは種もみの温湯殺菌(消毒)です。 温湯消…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る