急遽暗渠修理工事 水が溜まらなきゃ勝負にならん 2024年4月2日

毎年どこかしらの田んぼで起こる暗渠のパイプ周りからの水漏れ。

ここ数年は特にひどく、その原因はザリガニだと判明しています。

この地域はザリガニの発生が非常に多く、特に無農薬栽培だとザリガニを殺す薬を使わないので、ザリガニにとっては、とってもいい環境が揃っているようです。
 
ザリガニが冬になると越冬するために、深く縦に穴を掘って、身を潜めます。

ここからは想像。

その掘った先に暗渠のパイプがあったりすると、暗渠のパイプ周りが水があるため、越冬しやすいのかな。

さらに排水側のパイプ周りを掘られてしまうと、いざ春になって暗渠の栓を閉めて、水を溜めても、そのパイプ周りから水が駄々洩れになってしまうのです。
 

暗渠修復工事

暗渠修復工事


 
この田んぼは田んぼの中に開いた大きな穴から水が抜けていて、掘ってみると暗渠のパイプまで続いていました。
 
まだ代かき前だったので、暗渠栓をすべて外して、田面を乾かし、ユンボで掘ってザリガニの穴を埋めて、急所にはモルタルと粘土を練ったやつを詰めて、埋め戻し。
 
人力ではなかなか出来ない穴掘りですが、ユンボを使えば確実にできる。
 
今年の冬は何カ所か暗渠工事せねばなのです。

これで水がバッチリ止まって水持ちの良い田んぼになれば、大成功です。
 
水持ちの悪い田んぼは、草が出やすく、無農薬栽培では致命的。

とにかく水を切らさず、田んぼを平らに作る事が、大事なのであります。
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

農園からのお知らせ

令和5年産無農薬米 販売開始!!
コシヒカリとササニシキ
ジャスミンライスとツキミモチも

無農薬無化学肥料のコシヒカリとササニシキ
低温貯蔵(15℃~16℃)

農薬と化学肥料を使わずに大切に育てたお米です。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 



どうして農薬と化学肥料を使わないのか

農園通信 年中夢究

  1. 海老敷的場のササニシキの田んぼで、朝仕事のチェーン除草
    めちゃくちゃ忙しい田植えの時期。 特に私たちみたいな、農薬化学肥料を使わない作り方だと、どうし…
  2. チェーン除草始まりました。
    4月23日から始まった前半戦の田植えは29日でコシヒカリを植え終わり一旦終了。 怒涛の田植えウ…
  3. シュレーゲルアオガエル
    海老敷六代の田んぼは天水田。 沢水と雨水でほぼ米作りができる。 どうしても足りない時には、近くを…
  4. 緑化が進みしっかりしてきた稲苗
    3月22日に播種したコシヒカリ600枚が無事に発芽しました。 この時期の悪天候は本当にひやひやもの…
  5. 籾播き
    3月21日、22日は今季一回目の籾播きでした。 21日は育苗の共同作業している仲間分でコシヒカ…
  6. タンクで浸種
    今年もいよいよ本格的に米作り始まりました。 まずは種もみの温湯殺菌(消毒)です。 温湯消…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る