農薬化学肥料不使用の米作り

今年から作ることになった田んぼは大学口という地区にあり、農薬の空中散布が行われる地区です。

三芳地区は7月20日空中散布が行われます。

散布予定農薬はラブサイドキラップフロアブル。いもち病防除剤として効果の高いラブサイドと殺虫剤キラップとを混合したフロアブル剤だそうです。ラジコンヘリコプターから低空で空中散布を行うというもの。殺虫剤の主な対象となる虫はカメムシ類。斑点米の原因である吸汁跡を作るカメムシの駆除だそうです。

カマキリの赤ちゃん

カマキリの赤ちゃん

 

しかし田んぼにはカメムシだけがいるわけではなく、沢山の生き物たちが蠢いていて、しかもカマキリやクサキリ、バッタ類はまだ生まれたばかりの小さな個体が多く見られます。当然のごとく影響を受けているはず。一気に静かな田んぼになってしまうはずです。

写真の白旗は空中散布しないでくださいのマーク。

この旗がある田んぼと両隣は散布が行えません。

蚕、ミツバチにも影響があると説明書にも明記されています。

白旗 降参ではなく播いちゃダメの印

白旗 降参ではなく播いちゃダメの印

白旗を上げることによって散布地域を減らすことができるのですが、散布を希望する生産者との軋轢も発してしまうこの空中散布。

無農薬や低農薬の生産圃場が多い山名、海老敷地区では空中散布は行われないので安心です。

私の田んぼも山名・海老敷地区に多くあります。

私のような無農薬の生産者が他地域で米を作るのは踏ん張りどころです。

空中散布があるから無農薬米の栽培をあきらめるのではなく、広範囲に化学物質を撒くという行為を、無農薬の田んぼを増やし白旗を掲げることによって、少しずつでも減らせれば嬉しいのです。

コガネグモかな

コガネグモ

沢山田んぼにいるクモ

 

ツチガエルかな

ツチガエルかな??

 

シロヘリクチブトカメムシ

シロヘリクチブトカメムシかな?ハスモンヨトウ、シロイチモジヨトウ、イネツトムシ、シャクガなどのガの幼虫の体液を、ストローのような口で吸収する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

農園からのお知らせ

令和4年産新米始まりました♪

コシヒカリとササニシキの新米! 低温貯蔵(15℃~16℃)のお米です。
農薬と化学肥料を使わずに大切に育てたお米です。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

農園通信 年中夢究

  1. 育苗第一弾 いい苗が出来上がりました。
    秋冬野菜の定植時期 育苗第一弾 8月30日に播種した秋冬育苗第一弾の苗たちが大きくなりました。…
  2. 脱穀は妻のお仕事??
    はざがけ天日干しのツキミモチの脱穀 前日まで次の日は朝から雨マークがついていて、こりゃ脱穀無理…
  3. 景色に溶け込むナラシの稲束
    今季のメインイベント??のツキミモチの稲刈り。 ツキミモチの稲刈りは、バインダーで刈って、ナラ…
  4. 新米炊き立てササニシキ
    昨年から作り始めたササニシキ。 今年は2年目で、食べていただいている方から要望が多かったので、…
  5. ササニシキの稲刈り
    稲刈り始まる!! 8月21日から始まった稲刈りですが、28日にとうとう雨で稲刈り中断となってし…
  6. 稲刈り始まりました!
    今年も稲刈りの季節がやってきました。 例年8月20日を過ぎると稲刈りが始まります。 農園では…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る