稲刈り終了!最後はプリンセスサリーの脱穀 農薬化学肥料不使用の米作り 2022年10月4日

我が家の今期の稲刈りはジャスミンライスの脱穀で終了です。

もち米のツキミモチとジャスミンライスのプリンセスサリーは昔ながら?のはざがけ天日干し。

プリンセスサリー脱穀

プリンセスサリー脱穀
ハーベスターで稲束から籾を脱穀する機械

プリンセスサリーの籾

プリンセスサリーの籾

中長粒種

中長粒種

就農当時は全部の田んぼではざがけで天日干しでしたが面積が増え、受託作業もやるってなると、大型の機械に頼ることになっているのが現状です。
それでも2反5畝ほどは天日干しで、ものすごく手間で体力を使う作業ですが、コンバインやトラクターに長時間乗っている作業に比べれば、格段に気持ちの良い野良仕事。
燃料も使わず、排気ガスも出さず、太陽の恵みと乾いた空気がお米を乾燥させてくれる。
条件(お天気)が良ければ天日乾燥のお米が一番です。
ただ雨が続いたり、台風で倒されたりして、あまりお米にとっていい条件ではない年もあります。

はざがけのある野良の風景

はざがけのある野良の風景

秋の太陽に乾かされいい香り

秋の太陽に乾かされいい香り

それでもはざがけ天日干しはとても好きな野良仕事。
すべてが自然の中で完結する。
豊富にある竹も使えるし、使い終わった材料は暖を取るための燃料になる。
自然の循環の中でのお仕事です。

これからも天日干しは続けていきたい。
むしろ品種を選んで増やしていきたいぐらい。

果たして体力と気力がもつのか??

はざがけ天日干しの米作りは、ナラシの竹を片付ければ一段落です。
まだ完全に終わるまでは稲刈り終わりって言えませぬ・・・。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

農園からのお知らせ

令和4年産新米始まりました♪

コシヒカリとササニシキの新米!
低温貯蔵(15℃~16℃)

農薬と化学肥料を使わずに大切に育てたお米です。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 



旬の有機野菜セット 

いろんな野菜を少しずつ
季節の野菜を5品目から12品目ぐらいをお米と一緒にお届けしています。

詳しくはこちらから 

ご注文はこちらから 

食べ物を作る姿勢

農薬と化学肥料を使わない基本姿勢

農園通信 年中夢究

  1. 竹林から真竹を選んで切っています
    お米の天日干しをするのに竹で組んだ干し台??の事を、この辺では「ナラシ」と呼んでいます。 足に使う…
  2. 海老敷区祈年祭 幟旗 諏訪大明神
    今年も新型コロナウイルス感染症の影響で、地区の大切な行事の一つである祈年祭の祭典が、中止になってしま…
  3. 金比羅山からの初日の出
    2023年の幕開けは近所の金比羅山からの初日の出。 海老敷にある有志の団体「金比羅山保存会」で…
  4. 藁綯いしてお飾り作り 今年は28日にできました。
    百姓仕事に終わりなし! お正月に年神様を迎えるための、しめ飾り、鏡餅づくりが私の一年の締め括り…
  5. 小麦播種
    ほとんど海外に依存している大豆と小麦。 飼料用の子実トウモロコシもほとんどが海外依存。 食料の自…
  6. 脱穀後はシートに広げて天日干し
    今年も無事に大豆の収穫脱穀が終わりました。 この時期雨が多い年は、刈り取り収穫が、なかなか出来ない…

facebook

ご注文はこちらから

コシヒカリ、ササニシキ、和みリゾット、ジャスミンライス、もち麦、うどんなどのカートです。

旬の有機野菜セットはお米と一緒にその時ある野菜たちをお届けしています。カートの備考欄からお問い合わせください。

 

私たちが作っています

私たちが作っています

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る